Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dean―DixonのQ検定マクロコード(ExcelVBA)
131110-02.jpg

ノリ ーヮール 「とうとう、本業ネタまで引っ張りだしましたか……」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「だって、最近は実験忙しくて、疲れきって帰ってからは艦これしかやってないんだもん。実験関係で機密にしなくてもいいことって言ったら、これくらいのものだよぉ」
ノリ ・ヮ⌒ル 「QテストはDean-Dixonによって考えられた手法です。測定数が少ないデータの中に、1つだけ他の測定値よりも大きく外れたものがあったとき、その外れたデータを拾うべきか棄てるべきか判定することができます」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「統計学的に根拠がある方法だから、測定数が少ない時にも有効なのが魅力だよぉ。データ数が2以下だと使えないのが難点だけど、誤差率が異常に高くて迷った時には役に立つと思うよぉ」
ノリ ーヮール 「データ数10個までしか対応していませんけどね」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「だって、判定に使う棄却係数の文献値が、データ数3~10個の場合までしか載ってなかったんだもん」
ノリ ・ヮ・ル 「そもそも、11回以上の測定が可能な環境であれば、こんな判定法に頼る必要はありませんからね」
ッリ川・ヮ・)ッ「使う対象にしていた装置での測定回数が、最大で5回だったこともあるから、そこは見逃してね」
ノリ ⌒ヮ⌒ル「データ解析と誤差の扱いに迷える子羊さんたちの一助になれば幸いです。ファイルを直接ダウンロードしたい方は新築した物置から、コードを観察したりコピペしたい方は、『続きを読む』に追記しておきましたのでそれをご参照ください」

[Dean―DixonのQ検定マクロコード(ExcelVBA)]の続きを読む
スポンサーサイト
ぼたんを押したら集計するよっ♪
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「トムヤムクンさんが手直ししてくださった部分を入れ替える形でマクロプログラムを修正したら、すごくシンプルなのに快適かつ完璧に動くマクロができちゃいましたよ♪」


【トムヤムゆず1号 動作前】

100310-01.jpg


ノリ ;・ヮ・ル 「あれ……? いつのまにか表の下にトムヤムクンさんの絵があるのですけれど」
ッリ *⌒ヮ⌒*)ッ 「すずっちが後から付け足しといたんだよぉ♪ ここで、ぼたんちゃんの絵をクリックすると――」

【トムヤムゆず1号 動作後】

100310-02.jpg

ッリ ・ヮ⌒)ッ 「オブジェクトにマクロを登録したら、こういうことだってできるんだよぉ☆」
ノリ ;ーヮール 「デフォ子ちゃんの本名が『立花ぼたん』ちゃんなのは知ってましたけれど……ボタンに使われる日がくるなんて、偶然とはいえ恐ろしい一致ですね」


ッリ *⌒ヮ⌒*)ッ 「というわけで、トムヤムクンさん&ひろむさんにスペシャルサンクスだよぉ☆」
ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「ダジャレ交じりのネタに使っちゃって、ごめんなさい……(汗)」

(※追記には、ビフォーアフター的に生まれ変わった『トムヤムゆず1号』のモジュールを載せておくよぉ ッリ ・ヮ・)ッ )
集計用マクロが完成しました♪
ノリ ;・ヮ⌒ル 「というわけで、お姉ちゃんがオリコンタワー予選で面白い戦いをしている間に、幾多のデバッグを経て生徒会選挙の集計用マクロが完成しましたよ」
ッリ *⌒ヮ⌒*)ッ 「わぁい♪ さっそく動かしてみようよぉ~」

(ゆずっちマクロ2号 動作前)
100308-01.jpg

(ゆずっちマクロ2号 動作後)
100308-02.jpg

ッリ ;・ヮ・)ッ 「えっと……とりあえず、何が起こったのか説明して欲しいんだけど」
ノリ ・ヮ・ル 「サイズの都合で見えないですけれど、この表には、立候補した県のセルに"◎"を入れてあります。そのセルを参照して、『得票済都道府県』の欄に☆付きで入力したのですよ。」

ッリ川・ヮ・)ッ 「まさか、これだけってことはないよね……?」
ノリ*⌒ヮ⌒*ル 「もちろんです。この表が威力を発揮するのは、むしろ選挙が始まってからですよ。試しに、得票したところを○で埋めていった状態で走らせると……」

(ゆずっちマクロ1号 動作後)
100308-03.jpg
ノリ ・ヮ⌒ル 「はい、この通りです」
ッリ *⌒ヮ⌒*)ッ 「すごいよぉ~♪ どれだけ集計データがややこしくなっても、コマンドひとつで『得票済都道府県』の欄が完成しちゃうんだね☆」
ノリ ーヮール 「正直、なんとか使える状態にまで持って行けてほっとしています。セルの相対参照で何度もエラーを出した時は、どうなるかと思っちゃいました」

ッリ ・ヮ・)ッ 「最後の都道府県名にも“、”があるのは、どうにかならないの?」
ノリ ・ヮ・ル 「不可能ではありませんけれど、『読点を付ける or 付けない』の判定文を追加しなければならない分だけプログラムが複雑になります!(きっぱり)」
ッリ ーヮー)ッ 「あ、そうなの……」
ノリ ・ヮ・ル 「文字変数は、足し算は簡単ですけれど、引き算はできないのです。それでも、都道府県名にデフォルトで付けてある“、”を空白に置き換えたものなら簡単でしたよ」

(ゆずっちマクロ2号 動作後)
100308-04.jpg

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「こうやって見比べてみると、やっぱり読点がある方が読みやすいよね。せっかくだから、ここはゆずっちマクロ1号を選ぶことにするよぉ」
ノリ >ヮ<ル 「やりました! 長かったマクロフィーバーウィークも、やっと完走です~☆」
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「最後の“、”に関しては、“ゆずっちのシッポ”ということで許してあげてね」
ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「あはははは~……です」

(※追記には、ゆずっちマクロ1号のモジュールを載せておくよぉ ッリ ・ヮ・)ッ )
ゆずっち修得中・・・
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「ゆずっち~、そろそろマクロ組めた?」
ノリ ;・ヮ・ル 「いくらなんでも、そんなに早く覚えられるわけありませんよ」
ッリ >ヮ<)ッ 「え~、ゆずっちはBASICで簡単なプログラムはできたじゃない」
ノリ >o<ル 「たしかに、VBA(Visual BASIC for Applications)は、BASICの拡張言語です。開発環境のインターフェイスをいったん覚えれば取っつきやすいけれど、拡張された書式やExcelでのセル操作なんかは、文法書を見ながら覚えないといけないのですよ!」
ッリ ・ヮ・)ッ 「で、J-POP期間の半分が過ぎた今の進行状況はどんな感じなの?」
ノリ ・ヮ⌒ル 「マクロの動作と管理方法に、モジュールの入力方法、変数のデータ形式、それに演算子について、理解したところです」
ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「質問の仕方が悪かったよぉ。ええと……『ゆずっちが今できること』と、『これから覚えるべきこと』を教えてよ」
ノリ ・ヮ・ル 「最初の質問については、セルの値をオブジェクト変数として読み込んで、文字列として加工してから、また別のセルに書き出すことができるようになりました」
ッリ >ヮ<)ッ 「結構順調に進んでいるかも♪」
ノリ ・ヮ・ル 「2番目の質問については、複数のSubプロシージャを組み合わせて、条件文に従って一定の動作をくり返させる方法を覚えれば、あとは実際の構築作業へと入れるはずです。2月27日にセガワールド富山大会に行くことを計算に入れても、3月上旬~中旬にはマクロプログラムが完成する見通しが立ちました」
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「第2回総選挙の集計期間は4月1日から4月30日までの予定だから、多少のトラブルがあっても間に合う計算だね♪」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「はい、去年のように、集計を手作業でやる手間は大幅に簡略化されるはずです」

ッリ >ヮ<)ッ 「すごいよぉ~! 具体的には、どんなプログラムなの?」
ノリ ・ヮ・ル 「まず、ある参加者さんの結果をまとめている行のセルを参照して、都道府県獲得表の中で『○』が入っているセルを見つけます」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「それで?」
ノリ ・ヮ・ル 「『○』が入っているセルに対応した都道府県名を、結果として出力する文字変数の中に、順次継ぎ足していきます。それぞれの都道府県名はちゃんと読点(、)で区切りますので、『青森、東京、石川、大阪、宮崎』のような感じになります」
ッリ ・ヮ・)ッ 「……それで?」
ノリ ・ヮ・ル 「1人の参加者さんが獲得した都道府県をすべて文字列にまとめたら、それを右端に用意したセルに出力します」
ッリ川・ヮ・)ッ 「…………それで、どうするの?」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「1人分の集計・出力が終わったら、次の人についても同様の処理を行います。全員分の操作が終わったら、そこで終了ですよ」
ッリ ーヮー)ッ 「……意外と、地味な内容だよぉ」
ノリ#⌒ヮ⌒ル 「そういった、『地味で時間のかかる単純作業』を、ショートカットキーひとつでPCにやらせるプログラムこそが、マクロの本質というべきものなのですよ」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「…………ちょっと、シュークリーム買ってくるね」
ノリ#・ヮ・ル 「ここは、断固としてカップケーキを要求します!」


 果たして、ゆずっちは集計日までにマクロを完成させられるのか。
 第一回集計予定日まで、あと残り39日。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。