Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白単を組んでみたら…
いつもは入らない店舗に足を運んでみたら、トレード表に「柴原 瑞希、メタトロン、ブランシュ」が出ていたので、今まで出てこなかった白の中核カード、「調理実習、結城望、ナナ」と交換。相手は店員さんでしたが、コンプ直前の3枚だったらしいです。

そして、情欲の赴くままに、戦術構築抜きで使いたいカードだけを詰め込んだ人生初の白単デッキを作成。

・白単適当デッキ(メイド長、モーリー、新名、望ちゃん、ナナ、エントランス・レインボウ、調理実習)
AAA016.jpg



結果は――「6連敗→銀から銅に降格」。こんな記録を打ち立ててしまったら、呆れるというより、もう笑うしかないような気分になってきますが、勝てなかった理由は、きわめて明快でした(↓)

1.追いかけっこ性能の欠如(白青ばっかり使ってたので、追いかけっこだけで敵MBを殴り倒した経験がほとんどゼロ)
2.シヴァ竜巻やメルキセデクetc.といった、防御手段への対策無し(これまで氷漬けにしていたので、他の策は何も考えていなかった)
3.ナナと望ちゃんと新名を使いこなせていない

こんな状態では、勝てる方がおかしいというものです。
白単使いになるのだったら、キャラ同士の連携や役割分担を明確にした上で、本気で練習をやり込んでいく必要がありそうですね。

しかし、成績が毎回こんな調子だったらいくらクレジットを突っ込んでも足りませんので、もうちょっと白青で研究して、プレイヤースキルを上げてからリベンジした方がいいのかも……


[戦績]
1勝7敗(トータル24勝30敗、勝率50.0→44.4%)
ランクポイント 4960P(Majesty)、カスタマイズポイント 1900P
スポンサーサイト
アロエたんと一緒に大冒険♪
 超夜型生活(8~14時に睡眠)のためにプレイできていなかったpop'n music15 ADVENTUREですが、昼を徹して10クレ試し打ちをしてきました。

 アロエたんキャラポは一回り小さくなった感がありますが、最新筐体で背景ラインの彩度も高かったので、プレイしても特にストレスは感じませんでした。アロエたんでまとまったプレイをするのは久しぶりでしたが、成績も大して落ちていなかったので、十分に許容範囲内の調整と思われます。

 3曲設定のポイント表しかメモって来なかったので、4曲設定の筐体を前に空振りすること数回。偶然当たった137P(~Lv35)で3回だけEXしてきました。

[今週のお気に入り]
 超中華流行歌曲(TЁЯRA) 19/31/37
 ピンキッシュ(パーキッツ) 19/27/33
 オンラインラブポップ(るるるSYSTEM) 18/26/35
 コンティネンタル(秋桜) 16/23/31

・成果
 超中華流行歌曲:N接続、Hクリア、EX未挑戦
 ピンキッシュ:EX解禁
 オンラインラブポップ:H接続、EX完走(Nは繋げそうですが、集中力が切れているのか5連続失敗)
 コンティネンタル:Nクリア、Hクリア、EX未挑戦

 るるるEXは(アロエたんプレイでは)ほぼ限界レベルですが、大好物の同時押し譜面なので気持ちよくプレイできました。お兄ちゃんのトラウマパンクEXには遠く及びませんけれど、お披露目に備えてしっかりと安定させていきたいです。コンティネンタルも、FATアロエたんくらいならクリア出来るようにしたいと考えている、そんな今日この頃です。
ネタに事欠いて引用句紹介①
 最近ネタ集めと構想ばかりで自前の記事がなかなか表に出せないので、去年作ったメモランダムから、好きな引用句の一部を紹介(中には、単なる語録みたいなものも含まれてますが…)

 アミューズメントの記事ばっかりじゃなくて、こういうのも、たまには美味しい……ですよね??(^_^;;
新名と歩ちゃんの2TOP
 前回の黒単対策デッキ(新名、歩ちゃん、メイド長、ルツィエ、ソニアさん、エントランス・レインボウ、デス・ルーン)を実験。

AAA015.jpg


 新名と歩ちゃんの使い方を練習するのが主な目的でしたが、一方的な展開になることは少なく、デッキとしての大きな問題も特に見つかりませんでした。あとは、デッキの潜在能力をどこまで引き出せるかにかかっています(黒単に当たらないことには、本当の力は分からないのですが…)


[勝ち試合]
・沖田ウリエル
 理想的な展開で勝利。しかし、新名の出番は無し(怖いキャラがいなかったので、歩ちゃん出してしまいました)

・黄赤追いかけっこデッキ(ロュス、聞仲、日見呼etc.)
 序盤をメイド長とルツィエで食い止めることに成功。SR聞仲を警戒していたものの、結局最後まで出てきませんでした。

・赤青引きこもりデッキ
 2Rとも、何故かMB単体で突っ込んできたので瞬殺。カード集めでも、やってたんでしょうか…?

・赤緑(ジル、シヴァ、ティアマト、弓削、日見呼)
 初のハイロード戦。序盤はメイド長&ルツィエvs.ティアマト&日見呼のタッグマッチになりましたが、結果は1勝1敗。
 しかし、この間に新名をブレイクして、MBを囮に弓削をにーな玉の中にご招待することに成功。日見呼と2体同時ロックして、あとはこちらの展開に。
 2Rは、こちらが序盤戦を制して一気に攻勢へ。弓削をソニアさんで除去した直後に、歩ちゃんを突っ込ませました。相手は最後の切り札、「《七支刀》+ジル」を使ってきましたが、ソニアさんがいる中でフィールドを狭くしたのは、殆ど自爆でした(シューティングセンスも当たっちゃったし…)。

・白青(マーリン、メイド長、モーリーetc.)
 1Rでは、にーな玉が大活躍。相手キャラを片っ端から閉じ込めて勝ち。2Rは、歩ちゃんが相手キャラを3人巻き込んでタイムトリップすることに成功。ちゃんと動けば強いデッキであることを再確認。


[負け試合]
・赤白デッキ(新名、モーリー、翼etc.)
 新名デッキ同士の対戦。1Rは新名で相手を封殺して勝ち。2Rはこっちの新名を瞬殺された直後に、相手に新名を出されて負け。3RはMB追いかけるのに夢中で相手の新名を瞬殺しそこなって敗北。良い意味でも悪い意味でも、新名の強さと弱さがともに現れた試合でした。

・黒青(メタトロン、ジブリール、メルキセデク、ルツィエ、クラリス、パニッシュメントⅡ、デス・ルーン)
 ジブリールとメイド長が殴りあう中、ルツィエ同士の光弾が飛び交うにぎやかな序盤に。メルキセデクのヒット&アウェイに削られながらも、新名はルツィエやメタを一時封印して時間稼ぎに貢献。
 互いに相手を牽制しながらMBを削り合う神経戦になりましたが、ダメージ差でわずかに及ばず。
 クラリスがブレイクされたら、ルツィエの⑨砲(壁に当たると跳ね返る光弾)が極殺兵器になっていたかもしれませんが、キャラ数制限で最後まで出てきませんでした。

・緑単(ジル、ティアマト、マヤ、アフロディテ、アシュタルテー)
 1Rは、ティアマト&マヤに前衛を破られ(スキル発動中のティアマトを殴ったりMBを囮にしてバックアタック入れましたが、1パワー負けてました)、アフロディテにMBが引き寄せられて、ぼっこぼこに。
 2Rはルツィエを狙撃モードにしてメイド長が落とされるまでにMBを安全地帯まで避難。新名とソニアさんのブレイクにこぎつけました。しかし、「アシュタルテーにメイド長を操られ、護衛していたソニアさんを殴られる」という誤算にしてやられることに。緑の動きが遅いからって、スキルまであなどってはいけないのですね…(汗)

・緑黒(メタトロン、ルシフェル、ティアマト、シヴァetc.)
 勝敗を決めたのは、2R。盤面をソニアさんで一掃し、有利な状況を作り出すことに成功した直後の判断でした。
 こちらも相手も場がフリーに近く、こちらは白コス7の状況で、ソニアさんの手前に新名と歩ちゃんをブレイク。その直後に、相手もルシフェルとティアマトをブレイクする展開に。
 神の軍とサイコスフィアが乱れ飛ぶ中、ソニアさんを迂回させて敵集団を効果範囲に入れる一方で、歩ちゃんを突っ込ませましたが、密集陣形からの神の軍を前に、歩ちゃんがノックバックして飛び込めずに落ちる。
 それでも、ソニアさんを効果範囲に入れて新名を突っ込ませて落とせるはずでしたが、新名の操作に専念している間に、今度はソニアさんがノックバックして敵MBがいつの間にか効果範囲から逃れている…(滝汗)
 状況は確実に悪化していますが、気をとり直したソニアさんが神の軍で落ちるまでに奮戦して作ってくれたダメージ差は大きく、カウントダウンを優勢で逃げ回っていたのですが、ラスト2カウントで相手のシューティングセンス発動→逆転負け。
 白7コスを2キャラではなく、「1キャラ+エントランス・レインボウ」にしていれば取れていたのに。この判断ミスが、最後の最後まで足を引っ張る形になりました。


[備忘録]
・スキル発動中のソニアさんもノックバックする。光弾を受けていつのまにか相手が効果範囲外になっていることのないように注意。

・相手が直線的な動きしかしないなら、歩ちゃんのスキル発動は先回りして良い。うまくやると、ちょうど接触する瞬間にノーダメージで跳ぶことができる。

・神の軍のノックバック圧力はかなり強い。歩ちゃんを確実に張り付かせるチャンスは、ブレイク直後くらいか?

・シヴァ竜巻の間に隙間があれば、光弾をそこそこ通すこともできる。

・デス・ルーンを過信するのは危険。この辺りのランクになると、一撃で嵌め殺せる確率も低くなる。後続にソニアさんがいるのだから、確実に仕留める自信が無ければ切り札としてとっておくべき。

・手入力が面倒になってきたので、ユーザー辞書に単語登録。
 「9→ルツィエ」にしたので、タイピングも多少は楽になるはず…


[戦績]
5勝4敗(トータル23勝23敗、勝率48.6→50.0%)
ランクポイント 5000P(Master)、カスタマイズポイント 1670P

(高画質版に差し替え)
yui004.jpg yui005.jpg



[今日の収穫]
 はるかさん、モーリー、運動会――これって、メイドデッキ2組目を作れという啓示なのでしょうか(^_^;
 東海林翼、シヴァ、ジル・リンクス(2枚目)はそれなりの引きでしたが、残念な事に、どれも当面は入れる予定が無さそう。
 望ちゃんとナナ、早く来てくれないかなぁ…
遊んでいるのか、仕事してるのか…
アーケードで遊びたいのを我慢して、積み本・積みゲー崩し中。

遅々として進まないのは、ゲームのシナリオや表現技法にリアルタイムでTerapadに突っ込みを書き込んで観察日記みたいな事をしたり、フルボイスを律儀に聞いている(側頭葉右を鍛えているというより、聴覚刺激のライブラリを増やす為です。仕事してた時もそうですが、知っている人としか会話しないと、この辺りの感性が麻痺してくるので…)というのもありますが、その合間に気になっていた本や新刊を買っては横に置いて読んだり、CDを買ったり借りては、歌詞を吟味したり、インストに自分で歌詞を付けたりしているからです(^_^;

そんなことをやりながら、深く心に響いてくるものがあれば、片っ端からA4用紙に書き込んでいきます。それが集まって形を成せば、次回作のメインテーマは目の前です。

しかし、サブテーマが出来ても、具体的なストーリーの形にしようとすると、言葉の鋳型や構成のセオリーに嵌められるのを嫌う気難しい思いは、すぐにヘソを曲げて、また散ってしまう。

これの繰り返しです。

積み資料の中には関係ないようなものも多いですが、そういうのは自分にとっての要点や使えそうな場所を、読書ノートに書き留めていきます。今月出した投稿の時も、ネタに困った時に「瓢箪から駒」みたく突破口を提供してくれることがあって、なかなかに良い引き出しとなりますので、持っておいて損はありません。

毎日が日曜日、毎日読書とゲーム。幸せといえば幸せな生活ですが、ハイペースでこなさなければなりませんので、とっても疲れてます…orz
白黒青デッキ考察
 AAA初の公式オンラインイベント、3勢力限定戦(4/25~5/8)。手持ちの資産と相談して、白黒青で組むことにしました。

AAA014.jpg

(上2段は確定、下段の3枚からいずれかを選んで最後の1枚にします)

いきなり1コスキャラ3枚で襲ってくる速攻デッキに対抗して、パワー2のメイド長(各勢力のエナジーが溜まりにくいので、「リサイクル」は必須)と1コス賢者様(第一攻撃目標となるメイド長を、捨て身で守ります)を起用。序盤を耐えて新名とアロエたんカマエルを起用して中軸とします。

最後の1人を誰にするかは、非常に悩ましいところです。
①ミカエル…黒最強コンボのひとつ。青のコスト負担が小さいので、デス・ルーン発動のプレッシャーを最後まで相手に与え続けることが出来る。カマエルとミカエルの間に3コス差があるので、ほんの僅かにタイム差ができるかも??(単純な「破壊力」だけなら最強)

②クララ…回復能力を生かして、新名とカマエルを支え続けることができる。ただし、この場合だとクララとMBの護衛に新名が就くので、攻撃要員がカマエル1人になってしまう。(防御重視型)

③274…MB専属防御要員となる新名を、ダメージソースとしても活用可能(バランス重視型)

 どんなデッキを組んでいくにせよ、序盤~終盤のつなぎ方と、3勢力目のエナジーをどう生かせるかが鍵になりそうです。
似ている…
 「カマエルの外見が、アロエたんにそっくりだ」という噂を耳に挟んだ今日この頃。

 まさか、E.G.O.の天敵にして黒単開幕の鬼神カマエルが、アロエたんにそっくりな訳が…

・アロエたん(QMA2公式QMA3公式

・カマエル
AAA013.jpg

 ……………………びっくりだ。

 もみあげを切ってリボンを取れば、あっというまに黒アロエたんの完成です。
 これからは、AAAでもアロエたんと戦っているような気分にさせられそうな予感…w
三大名園というだけはあります
 今後の資料に使うかもしれないので、桜のピーク時だった4/12に兼六園に行って、あれこれと撮影してきました。

 金曜の午前中ということでしたが、それでも人が結構いて、その半分はデジカメ持参。やはり、考えることはみんな一緒のようですw

ここはひとつ、試練に耐えてみますか
 トレードで完成させた[メイド絨毯爆撃デッキ](下図)の切れ味を試してみましたが……黒単以外にはどのデッキとも五分以上に渡り合える半面、黒単には2:8か1:9になるという、なんとも極端なデッキになりました。

AAA009.jpg


 結果は、2勝6敗。うち、4敗が黒単から喫したものでした。残りの2敗も緑黒、黒青からのものでしたが、こちらは序盤を互角で凌ぎ、青が3コス溜まる中盤から威力を発揮するタイプの編成なので、黒が入っていても時間を与えてくれる2色なら1本は取れます。
(事実、対緑黒戦の時には3本目のエナドレにしてやられましたが、対黒青戦では、デス・ルーンで嵌め殺せた状況でソニアさんをブレイクするミスを犯し、ラスト間際でソニア・ミナを落とされて逆転されたので、しっかりプレイしていれば勝てる可能性はありました)

 問題は、黒単の開幕カマエル。原始的な戦法ですが、ミナがブレイクされるまで序盤をE.G.O.に頼った編成なので、相性は最悪。開幕直後にメイド長をブレイクしなければ、問答無用でカマエルに殴られ続けて試合が終わります。

 さらに2コス溜まったらこちらもミナとモーリーをブレイクできますが、Magesty~銀ランクの操るカマエルは巧みに回りこんできますし、2枚壁でも、神の鎧があるので容易には落とせません。ひたすらにごっすんごっすん殴らなければなりませんし、最悪、ノックバックで出来た隙間におしくらまんじゅうで抜けてくることさえあります。

 そして、散々時間をかけてカマエルを落としても(落とさせられても)、それで溜まったエナジーで直後にルシフェルorミカエルがブレイクされるのだから性質が悪い。ミナである程度はMBを狙撃できるものの、こっちがそれ以上にダメージを受けてしまうのだから溜まったものではありません。

 黒単デッキが最強に近い編成なのは分かっていますので、この試練に耐えて、せめてフィフティ・フィフティに持っていけるデッキを組むのが当面の目標になりますね。

(対抗案①)
コスト:白7(メイド長、新名、歩ちゃん)、青7(ルツィエ、ソニアさん)
オルタ:青8(ソドム、デス・ルーン)

AAA010.jpg


 速攻に対応するため、3コスのミナを引っ込めて、代わりに2コスで弾幕結界の張れるルツィエを起用。黒キャラと馬鹿正直に戦闘せず、新名と歩ちゃんでゲームから実質除外するデッキ。
 白コストが新名と歩ちゃんのローテーションで激しく消費されますので、オルタは青を主体にしてみました。


(対抗案②)
コスト:白5(メイド長、モーリー、はるか)、青7(ルツィエ、ソニアさん)
オルタ:白4(エントランス・レインボウ)、青4(デス・ルーン)

AAA012.jpg


 メイドデッキ・改ですね。カード操作を磨いてメイド長がカマエルを1on1で足止めできる水準になれば、ルツィエと2人目のメイドで序盤のパワーバランスを支えられると期待。


(対抗策③)
コスト:白5(メイド長、新名、美奈)、黒8(カマエル、ミカエル)
オルタ:白7(運動会、エントランス・レインボウ)

AAA011.jpg


 はい、白黒です。メイド長と美奈を壁にして、カマエルで攻め合いを狙っていきます(芸が無いので、個人的には面白くないのですが)
 黒オルタがパニッシュメントⅡしかないのと、白エナジーが大量に余りそうなので、オルタは白一色で。運動会は気休めですが、一応、エントランス・レインボウはミカエル・ルシフェル封じにはできるので、相手が単色なら頑張ってくれるでしょう。

 黒以外の勢力も考えましたが、赤は引きが弱くて沖田・服部・1~2コスみここしかいないので論外。黄色も、先日のトレードでレイナ様を放出したのと、オルタ・キーカードの資産がありません。緑資産にはジル・リンクス、セドナ、マヤがいますが、俊足の黒を引き寄せるキャラがおらず、特性を生かせないので見送りました。

 白単は、ナナか望ちゃんがいれば考える余地もありましたが、資産の無い現状では保留中です。


[戦績]
2勝6敗(トータル18勝19敗、勝率55.2→48.6%)
ランクポイント 4020P(Magesty)、カスタマイズポイント 890P
都道府県別ランキング:20→25位(総合)

送り付けときました
 一部シーンの追加など、間に合わなかった部分があったり、風邪気味で潰れかけたり、プリンタがうまく動かなくて実家のメインPCで印刷したら途中でインクが切れてしまったり、一穴パンチと結び紐を急遽買出しに行ったり、封筒のあて先を書き損じて修正ペンで塗り重ねたりと、多少のトラブルはあったものの、原稿の投稿自体は無事完了しました。

 自分もまだ未熟であるのは理解していますが、あれがどの段階まで選考に残れるかで、今の自分の位置が明らかになります。

 次の募集まで4ヶ月余、なるだけ早い段階で良い題材を見つける必要がありますが、本棚の積み本とか図書館の積み日経とか、買ったきりテキスト読んでない積みゲーがたくさん……さっさと崩さないと、後に響いてきそうな予感です(滝汗)
載っちゃいました…(笑)
すりゅうしさんえてがみ投稿クルラボオフィシャルサイトえてがみ広場に掲載されたということで、さっそく拝見しに行きましたが…

ついでに、私のも載ってました(滝汗)

よーし、明日は兼六園でデジカメ持って桜の資料集めした後でスライム書いちゃうぞぉ。
コバケンさん、みてろ~♪
ゆらめきのプレリュード⑫
ゆらめきのプレリュード⑪
ゆらめきのプレリュード⑩
ゆらめきのプレリュード⑨
ゆらめきのプレリュード⑧
ゆらめきのプレリュード⑦
ゆらめきのプレリュード⑥
ゆらめきのプレリュード⑤
ゆらめきのプレリュード④
ゆらめきのプレリュード③
ゆらめきのプレリュード②
ゆらめきのプレリュード①
なおそう、いそいで
〆切前日になって、ようやく嵐のような自己修正が終了。

しかし、ここで極秘に読んでもらった原稿の感想・修正メールを開いてみると、さっと読んでみただけでも、なお結構な量の修正箇所が…ありそうな予感(汗)

手を抜かずにちゃんと直せば、もっともっと良くなりそうです。
一部には直せるかどうかも不明な部分がありますが、時間の許す限り、最後の力で修正していきます…
あらためて読んでみると…
 第一稿を知人に読んでもらいながら手直しを始めましたが…

 改行、句読点の欠如、記号的表現の乱発。言葉の不適切な使い方etc.
 自分で読んでも、あやしい・不適切・分かりにくい表現が多すぎます。

 序盤と後半ではキャラも表現も全然違っているし…半年前に書き始めたものとはいえ、私はこんなものを投稿しようとしていたのか(汗)

 序盤の展開が急すぎるのにも手を回す必要がありますが、とりあえず、致命的な表現から先に直していきます(それだけでも、〆切間際になりそうですが…)
Wordで、表示を、整える…
>応募規定、ワープロ原稿の場合80~120枚。縦書き。
>1P=42文字34行で印刷すること。フロッピーでの応募は不可。

Wordでこれをやろうとすると、行数・文字数を指定してもなかなかうまくいかずに苦労しました。ルビ振るだけでも、自動調整で表示が狂いまくりです。

いろいろ試行錯誤した末、設定をこんなにしたら大体上手くいくみたいでした(↓)

用紙設定:A4横
余白:上25mm、下23mm、左30mm、右22mm
基本フォント:MS明朝10pt
ルビの大きさ:5pt
文字数と行数の指定:字送り11.8pt(固定値)、行送り20pt(固定値)

※「ページ設定」で字送り・行送りを指定すると文字数・行数の表示がヘンな数値(38字×34行)になりますが、実際の表示はちゃんと42字×34行になります。細かい原理は謎ですが、要は印刷できれば良いので、とりあえず無視。

※ルビのある段落は行送りを26ptに変更。このとき、1ページの行数が減少してしまうことがあるので、他の段落の行送りを18~19ptに減らすなどして、そのつど調整する。
いってきま~す♪vs.さいこすふぃあ!
新刊を買いに香林坊に行ってみました。
本家のデッキケースでも物色してみようと思い立ち、数年ぶりにゲーマーズ金沢店に行ってみようと思ったら、入っていたビルそのものが別物になっているような――いつのまにか、竪町から移転してたんですね(^_^;

仕方が無いので、コスモパークタテマチでクルラボの新ゲームチェック&投稿!えてがみ広場への応募と、AAAをプレイ。

先日、御神楽さんとのトレードで、十将軍筆頭レイナ様と、優良コモンのおにゃのこ4人(↓)を交換したので、選択の幅もかなり広がっています。

AAA005.jpg



そして、今日試してみた中で、切れ味が良かったのは…

[メイド絨毯掃除デッキ(暫定版)] 総計15コスト:白7、青8(+白オルタ7)

AAA006.jpg


①とにかく2コス溜める(1コスで攻撃されそうになったら早逃げ)

②相手のデッキに合わせて、はるかさん(スキル防御)orモーリー(敵MB追撃orガチ勝負)をブレイク。

③3コス溜まったら、ミナ爆弾を敵MBや嫌らしい相手キャラ(相手もMB周囲は注意していますが、その分だけキャラの方がおろそかになりますので、結構貰ってくれます)に進呈。メイドさんの足も絡めて、プレッシャーをびしびし掛けていきます。

④白3コスで歩ちゃんをブレイク。臨機応変に働いてもらいますが、ここまでスムーズに進められば、ほぼ勝ちパターンです(勢いや必要によっては、3コス溜まる前に2人目のメイドをブレイクすることもあります)

⑤青5コスト溜まったらソニアさんをブレイク。この時点でミナが生き残っていた場合、フィールド全体が逃げ場の無い地獄絵図となります。

にーなさんを使いこなすことが非常に難しいと判明したので、白の3コス担当は歩ちゃんに。にーなさんは単独で殴りや追いかけっこができるタイプでは無いのと、袋叩きにしてくる複数キャラ相手に、上手くにーな玉を使いこなせないのが痛いです。その点、歩ちゃんは2コスくらいの相手なら1:1で返り討ちにできるパワーと、袋にされそうになっても引っくり返して「いってきま~す♪」すればいいので気軽に単独行動できる点が魅力ですね。

天敵はやっぱり速攻系や追いかけっこデッキ(特に黒単、足が速いので、V字ターンなどでフェイントをかけなければ、あっという間に追いついてきます)。メイド長を加えることで適応力は向上しますが、それをやるなら、代わりに誰を外すかが難しいところ……歩ちゃんか?やっぱり、歩ちゃん外さないとダメなんですかっ?;;

・戦績
 5勝3敗(トータル16勝13敗、勝率52.4%→55.2%)
 ランクポイント 3520P(Dignity)、カスタマイズポイント 530P
 都道府県別ランキング:先月16位、総合20位

 シューズとスカーフを購入・装備。次はデニムジャケットですけれど…あと30勝しないとダメですか(汗)
yui003.jpg
 



[勝ち試合]
・低コス極星デッキ
 こっちにモーリーがいた時点で、不幸だったとしか…。

・ミナ、沖田デッキ
 沖田で引きこもって、ミナで爆撃。非常に分かりやすいです。
 開始直後にブレイクされた沖田とマーリンをピュア・フレグランスで封印→相手はマーリンに使った1コス分だけ溜めが遅れるので、こっちが先にミナ出せました。後はこちらの勝ちパターンに。

・ミナ爆弾に終了間際まで気付かなかった初心者さん×2
 流行1位のメタトロン引きこもりデッキでしたが、接近しない攻撃は感知できなかったようです。
 フィールドのすみっこで集中しているミナの能力を知らなかったら無理もないのですが、レティクルの「な、何が起こったぁっ!!?」は、MBにとっても心の叫びだったと思われます…

・白緑追いかけっこデッキ
 相手のカード操作が平均的だったおかげで何とか取れましたが、疲れました…


[負け試合]
・黒単追いかけっこデッキ
 追い回すのが非常に上手い人でした。キャラ同士が連携して、一度逃げてもあっというまに追い込まれて袋叩きに。最初から最後までモーリーが「わーにん、わーにん」言いっぱなしでした(^_^;

・白青デッキ(ソニアさん、ミナ、モーリーその他。オルタはソドムとミストルティン)
 白青使いなのに、白青デッキに勝てないのは何故でしょう…orz
 非常に似たもの同士でしたが、うまく指しまわされて完敗でした。

 残りの1試合は、にーなさんがみんなに凹凹にされて終わったのだけ覚えてます。にーなさんといい、ミナやソニアさんといい、ブレイク直後に、みんながわらわら集まってくるなぁ。このデッキのおにゃのこ達、アイドルランクもなかなかに高い模様です(笑)


[今日の収穫]
AAA007.jpg


 青速攻の主軸にしてWIZ-DOMの⑨最有力候補、ルツィエたん取得。これで、トレードで手に入る予定のソドム、デスルーンと合わせて青単デッキが組めるようになりました(↓)

AAA008.jpg


ようやく、あがったぁ…
〆切6日前になって、ようやく第一稿が書きあがりました。

これから、通しで読んで推敲、構成、ルビ入れ、TerapadからWordへの移植作業とレイアウトチェック、あらすじ(800字)や必要事項の記入、印刷、ファイリング、最終チェックをした後に郵送するという作業が残っていますが、今はとりあえず、街で美味しいものでも食べて、さらっと1時間以内に読める新刊を買いたいです…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。