Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロエたんの赤い糸
 いよいよ佳境に入ってきました第11回アロエたんポッパー選手権

 今回は、アロエたんキャラポでどれだけ赤い糸(コンボ)を切らずに繋げるかを競っていますが、BADペナルティがマイナス5点(25コンボ相当)と、かなり大きいので結果もなかなかに厳しいモノとなりました…orz

コンボ 素点 GOOD BAD 減点 総合得点
・中級者の部
ピンキッシュH(27) 720 144 21 1 26 118
ケルティックウィンドH(29) 398 79.6 31 2 41 38.6
メッセージソングH(29) 233 46.6 99 16 179 -132.4
ウィンティダンスH(27) 407 81.4 26 4 46 35.4
超中華流行曲H(31) 217 43.4 29 6 59 -15.6

・上級者の部
エモーショナルEX(37) 101 20.2 33 64 353 -332.8
ラブポップEX(34) 261 52.2 85 24 205 -152.8
マリンクルーズEX(34) 303 60.6 76 16 156 -95.4
スウィディッシュLONG H(33) 247 49.4 43 24 163 -113.6
夏休みEX(37) 186 37.2 105 51 360 -322.8

 総合得点がプラスになったのは中級の3曲だけで、残りの7曲は全部マイナス入り。

 どうやら、私はアロエたんから118cm以上離れた瞬間に赤い糸が切れる運命にあるようです(滝汗)
スポンサーサイト
身になる情報は……
 新しく導入した一太郎2007をマニュアル片手に調教しながら、何とか文字になるレベルにまであらすじを具体化。相変わらず、誰を対象にしているのか分からないような斜め志向ですが、一次選考を通過できた感性を信じて、前作ではおろそかになっていたストーリーの横糸をこれから張っていきます。

 今回は背景世界の設定の為に参考図書を8冊ほど買い込んで勉強しましたが、本当に描くべきテーマを絞り出して思い切った簡略化を行った結果、得られた知識やノートにまとめた情報の99.9%超はトリビア箱行きに決定……(^_^;

 理学の研究活動でも、高難易度のテーマともなれば、苦労して得た実験データの中で発表に供されるものは1%も無いのが実情です。世の中には、「アイデアが考えた端からモノになっていく」という規格外の方もいらっしゃるようですが、そんな特殊能力を持たない以上は「いつかは役に立つはず」という前提に立って、継続力で攻めていきます。
アクエリアンテイルダークロア編②
 他勢力の動向などどこ吹く風で、今度も我が道を突き進む3人組プラス1。それぞれの恋愛論が火花を散らす中、鈴鹿が一人でシリアスモードに突入……?(ネタバレ注意)

※9/22、TURN-6 No.2追加。
アクエリアンテイルイレイザー編②
 混成チームでちょこちょこ情報収集。不遇の四大天使に対して、プリンセスが下賜した称号とは……(ネタバレ注意)
アクエリアンテイル極星帝国編②
 6~7話収録。あてもなく迷走を続ける、ツインテと先割れスプーン使いの行き着く果ては……?(ネタバレ注意)

※9/22、イベント2個追加(TURN-6 No.7,8)
祝・アロエ同盟復活♪
 ずっと瀕死状態で見る者もいなくなっていたアロエ同盟のメンバーリストが、今月から復活していたんですね☆

 スパム対応ができるはずの新スクリプトでQMA4対応になっていたのでNo.17として登録してきました(画像はもちろん、ななめアロエたんですw)。再び500人超のQMA最大勢力として再興されるよう、ささやかながらお祈りしております。
AAAプレイヤーに100の質問
 心の師匠、がんがぜさんがテンプレを考案されましたので、渡されてもいないのに採取してきました。

 べ、別に小説のプロットが煮詰まって現実逃避しているわけじゃないんだからっ(///
ネタデッキだとわかっていても調整してしまうことってありますよね
 追いかけっこの練習で使っているプラズマアロエなお竜巻デッキ(3勝3敗)を微調整。

・プラズマアロエなお竜巻デッキver.1.2
美奈、はるかさん、ソフィエル、カマエル、ラシエル、スパークリング・プラズマ、タイムストップ
[コスト:白3、黒8、白オルタ5、黒オルタ4=合計コスト20]

AAA150.jpg


 高確率で出現する篭もりに対するメタが無いと辛いことから、デッキの回転と平均スピードを落とさない範囲でできる改良として、モーリーをはるかさんにチェンジ。
 ラユューを止められなくなりますが、足の遅い極星が相手なら追いかけっこに持ち込んでスピード差を生かせることと、に~な玉や各種竜巻、次元斬、デスルーン、プラズマをピュア・フラグメントで潰せる別のメリットがありますので、全体的にはややプラス修正になると考えます。
 黄黒に対しては、相手がプラズマの対抗手段を持っていないので1ラウンドは取れるとして、あとはなんとか、愛と気合いと友情で……(^_^;

3コス以下限定戦
 いつものことながら唐突に始まったイベント、「低コストカード限定戦」。3コス以下のカードしか登録できないという縛りですが、この条件で組んでみるとすると……

・美奈、はるか、ソフィエル、カマエル、ラシエル、体育祭、星に願いを
[コスト:白3、黒8、白オルタ6=合計コスト17]
AAA149.jpg

 プラズマアロエなお竜巻デッキをイベント向けに微調整(タイムストップ→体育祭、プラズマ→星に願いを)。
 篭もりに弱かったのをどうにかするため、このイベントに不利な極星に対する防御を捨てる形でモーリーをはるかさんにチェンジ。万一、ファイアウォール入りのデッキに当たったら、1ラウンド捨てる覚悟で。


・絵梨奈、新名、ミナ、ソフィエル、ラシエル、体育祭、星に願いを
[コスト:白4、青3、黒5、白オルタ6=合計コスト18]
AAA147.jpg

 万能タイプにしてみたくて組んでみた無理矢理3色。黄単で開幕ラユューしてくる勇者がいたら、白青のカマエル対策と同様、絵梨奈・ソフィエルで受けてラユュースフィア。
 ラシエルをカマエルにした方が安定性が増しますが、3コス以下限定の顔ぶれでは最大風速5/4のパラメータを持つラシエルの方が相手を萎縮させられると踏みました。


・絵梨奈、瑞希、新名、ルツィエ、ミナ、体育祭、星に願いを
[コスト:白6、青5、白オルタ6=合計コスト17]
AAA148.jpg

 原点に立ち返って、素直に白青。瑞希さんは壁要員&シヴァリア対策(リカバリー→体育祭で竜巻のど真ん中に特攻)です。


 チームセッションに向けた仕込みも進めていますが、今はまだ公表できる段階ではないので内緒ですw
極星帝国編シナリオ(1~5話)
 あらゆる次元にカレーとブルマと皇帝陛下の威光を伝えるため、今日も戦う極星帝国。
 しかし、普段の行いがアレなだけに、なかなか理解してもらえない悩みがあるのです……
文珍をさがして(違)
 エアコンや扇風機の風で紙が飛ばされる事故に辟易してきましたので、理想のペーパーウェイトを探して100円ショップ×3と事務用品店×2を巡りましたが、あるのは書道用の文鎮ばかり。

 トルマリンゴや200円の芳香剤で妥協するのも嫌でしたし、かといって、まったく無為に帰るのも嫌だったのでアロエたんプレイでZETA~素数の世界と超越者~H(Lv.35)をクリアして帰ってから、鮭ちらしを賞味して通販サイトへ……

・MoMAの製品は、さすが発想が違いますね。でも、サイズが大きすぎてスライドに収納できなかったので断念。

・だからといって、この○△□の星からやってきたような金属片の対価が¥4000だというのは、ちょっと……(^_^;

越前漆器。シックなデザインは好きですが、強化ガラスのパソコンデスクには似合わないので断念。

50年カレンダー付き。いったい誰が使うのか……

・暗所で光る琉球ガラス(海蛍)

・資金に余裕があればネタでこんなのも買えたのですが……w

・お約束の卵石

・結局、シンプルなのが一番ということでw

準備は万端?
 ナオヤさんが第11回アロエたんポッパー選手権(8/21~31、内容は課題曲に沿ったコンボ競争)を開催されるということで、ちまちま進めていた探検隊を一気に闇の世界まで進出。当日までには近代絶頂音楽が解放出来そうです。

 いつの間にか桃花恋情EX(Lv.37)も無事にクリアできるようになっていたので、アロエたんポプの最高レベルも1up。非常に良い状態で当日を迎えられそうです♪
海の生物多様性
 アマゾンに投稿した「海の生物多様性」(大森 信、ボイス・ソーンミラー共著)のレビューを使い回し。

 こういう記事を入れた途端にアクセスが急減するのは分かっていますが、これも日常生活の一部ということで…(^_^;
アクエリアンテイル ダークロア編(1~5話)
 勝手気ままに生きているダークロアらしく、平和な日常系(?)のシナリオになってます。
 大きな見せ場が少ないので、画像の編集がいつになく楽でしたw

※TURN-4 日見呼イベント追加。
掘っても掘っても きりないな
 とまぁ、スーパーモグーの歌詞が脳裏をよぎりましたが、2ndエクスパンジョン解禁以降、2日で27回引いてみましたが、その内訳は、旧レア×6、旧SR×2、旧UC×3、旧コモン×5、新レア×0、新SR×1、新UC×6、新コモン×4。
 旧カードの構成からして今回もサービスパックのようですが、新旧カードの封入比率はほぼ半々になっている模様です。プレイ後、黒ラユュー狙いのハンターに台をお譲り致しましたけれど、ちゃんと引けてたらいいなぁ…(^_^;


 テイルのダークロア編を回収して1万CP稼いだ以外は全国で銀2~銀3を行ったり来たりの日々ですが、25プレイ目で遂にラシエルたんを入手♪♪♪

 思わず、煩悩の赴くままに、即興で追い回しデッキを作成しましたw

[プラズマアロエなお竜巻デッキ](←命名適当すぎ)
白:美奈、モーリー、スパークリング・プラズマ
黒:ソフィエル、カマエル、ラシエル、タイムストップ
コスト:白3、白オルタ5、黒8、黒オルタ4=合計20コスト

AAA120.jpg


 開幕は、美奈、モーリー、ソフィエルで追い回して、落とされてもさらにカマエル、ラシエルをブレイクして追いかけっこ。平均スピード2.8(+2)を生かして、場をひたすらに引っかき回します。
 プラズマ出したラウンドはほぼ確実に取れますが、それからは白のエナジーが大量に余る……正直、バトルセンス以外に使い道が無い。
 しかも、開幕えいむをどうこう出来るようなメタは、一切入っていません。プラズマで1本取った後は、頑張って守ってシューティングで焼いてくださいw(カマエルをルシフェルやメルキに代えればいいと、理屈では分かっているのですが…(^_^;)

 デッキの半分がネタ、残りの半分が萌えで出来ていますので、勝ちに行くというよりは、追いかけっこの練習用ですw
愛着……沸くのかなぁ?
 その出生自体がかなり謎っぽいプロモーションカード《マインドブレーカー》(コンプティーク9月号付録)の地雷を敢えて踏んでみました。

表面:AAA117.jpg 裏面:AAA118.jpg


 うにゅ~服(「ツインストレート」で「タイティール」)に身を包んだツリ目ちゃん(クール)ですね。後藤なお先生に描かせているあたりが心憎い……というか、あざとい演出。正直、こっちを勝ちCGにして欲しい(笑)

 通し番号の6番でしたが、仮にランダム排出だったら、正直ショップで買い集めた方がずっと楽そうな予感。

 せっかく自分のアバターと同じカードが出ましたので、これは個人で使ってみることにしますw


(おまけ:現在使用中のプラズマハメる~んデッキ)
AAA119.jpg

第14回電撃小説大賞応募作
 第14回電撃小説大賞応募作(1次選考通過→2次選考落選)、「ゆらめきのプレリュード」の全文を公開。

 それなりに苦労して作った作品を、ほとんど日の目を見ないままに封印してしまうのはもったいないので、1年の総決算として曝しておきます。

 個人的には結構気に入っていて、事前評価では「情景描写はさすが」とか「百合かぁ……w」とかいろいろ突っ込みを受けましたが、話の流れがちょっと急なために文章が淡々となりがちだったのと、伏線の絡め方や織り込み方など、詰めの段階で時間を取れなかったのが残念。
 あれこれと詰め込みすぎないで、もっと内容を絞って細部を丁寧に作っていれば良かったのですが、それに気付いただけでも収穫ということで…


・構成
序章   からめたゆびに
第二章  ゆめみるように
第三章  めぐりめぐるは
第四章  おもいでのなか

第五章  にじんだきもち
第六章  つかめぬせつな
第七章  のばしたゆびに
第八章  ささらよのつき

第九章  ゆきつくさきは
第十章  つゆしぐれのち
第十一章 とけてきらめく
第十二章 ゆらめきのひび

(以下、前半部分のあらすじ(ネタバレ注意))
1/50の壁
 今日は二次選考通過作品の発表日でしたが、5回見直しても載っていなかったので、素直に負けを認めるしかなさそうです。

 世界観や情景描写では実力の90%近くは出せたのですが、起承転結のバランスや登場人物の書き分けなど、落ちる要素もいくつか自覚していただけに、詰めが甘かったと反省。次はもっと良いものを出してリベンジを図ります。

(このまま永久に封印するのももったいないから、落選作のカテゴリでも作って曝しとこ……)
第2回チームセッションのお知らせ
 第2回チームセッションの日程が決まりましたので、ブログの方でもお知らせ。6人以上の参加が確定していますが、チーム加入を考えていらっしゃる方の飛び入り参加も、随時受け付け中です。

 それと、チームの加入条件(歩ちゃん、ありす様、真純さん、星に願いを、タイムストップのどれかが好きorデッキに入れている)に、新SRの“タイムツイスター”《千頭さとり》さんを追加しました。
 本家のオフィシャルSSでは、ウェイトレス姿でE.G.O.のテレパシスト組と絡んでいましたが、AAAではどんな活躍を見せてくれるのか……


・【時を統べる少女】第2回チームセッション

[対戦スケジュール]
 8/25(土)の15:00、15:15、15:30、15:45、16:00、16:15、(15分間隔)

(15:00の場合)
14:59:30 NESYSカード認証終了
14:59:45 「フレンド対戦」モード選択
15:00:00 「チームマッチング」を選択(誤爆注意)
15:01:00 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)

 ここまでやれば、おそらく大丈夫だと思いますが、NPC戦になってしまった時にも参入の可能性がありますので、1R(90カウント)だけは、Time upまで粘って参入を待ってあげて下さい。それでも来なかった場合は、行き場のない憤りとやるせなさを最高の形でCOMにぶつけて、スッキリした精神状態で次のマッチング時間に臨みましょうw

 プレイ後には後ろを確認して、順番待ちの人がいる時には潔く席を譲ってあげて下さい。マッチングよりも、マナーを優先です。
歩デッキ実例集
 特殊能力系が多い白の中でもトップクラスに癖の強いスキル、タイムトリップ。スターターでありながらも、使いこなすには工夫とコツと状況判断力が要求される奥深さがありますが、その工夫をまとめて紹介していきます。



がんがぜさん謹製)

白:美奈、歩、PSIエクスパンダースーツ
青:マーリン、ジリアン、ミナ、デスルーン
 序盤頑張って削って時田ミナで逃げまくる、きわめて分かりやすいデッキ。しかし、追いかけっこスキルで負けている場合、分かっていてもどうにもならない(金2を倒せたらしいです)。
 注意点としては、相手の前座を倒さないこと。ダメージリレーで勝てるデッキじゃないので。ある程度ダメージ与えたらガン逃げで。味方の前座キャラも尻を向けて放置。


白:はるか、歩、調理実習
赤:日見呼、あざか、栞、応龍
 7月中旬のアップデート前まで活躍した赤白。歩ちゃんで敵MBや敵キャラと飛んた所にあざか棒を設置する。あざかを使いこなせる人が使うと強力。

(私見)
 あざかを使いこなせないなら、この枠で沖田(時空ゲートを天然理心流で防御)やさーやを使って篭るのも一策。青隆盛の時代に生きるには、ちょっと辛いか?


白:美奈、はるか、歩、星に願いを
黒:ソフィエル、カマエル、彗星爆弾
 デッキを見た時点で、何をやるのか丸分かりです。開幕を追いかけっこで削り、中盤は逃げ回り。エナジーが溜まった終盤近くにタイムトリップ→オルタのコンボを発動し、一気に押し切る素敵デッキです。オルタが入手できてないので、現時点では夢。



ペコロスさん謹製)

白:モーリー、歩、新名(翼)、体育祭
青:マーリン、ポーラ、デス・ルーン
 ダメージソースが欲しい場合は、新名を翼にして翼ポーラで。

(私見)
 白青のルーツを受け継いだ、王道とも言えるデッキ編成。おそらく、この中では一番使いやすい部類に入ります。



(自作)
白:メイド長、新名、歩、調理
青:ルツィエ、ミナ(ソニア)、邪印(デス・ルーン)
 開幕メイド長+ルツィエ(対カマエル)か、いきなり新名ミナブレイクの二択。ミナ、新名が倒されたときは、大人しく歩ちゃんとタイムトリップを絡めて逃げ回って30カウントを凌ぎ、あらためて再起を図ります。かつてはソニアさんを使ってましたが、ミナが強化された今日では、こっちの方が連携しやすい感じがするので、現在検証中。
 調理は即殺オルタ対策ですが、攻めっ気が強いひとは2枚とも青オルタで固めれば良し。


白:メイド長、モーリー、歩、調理
黒:ソフィエル、カマエル、彗星爆弾(タイムストップ)
 がんがぜさんのデッキは、相手の先発キャラを落とさずにMB粘着してダメージ差を稼ぎ、中盤以降を防御戦でしのぐ玄人仕様であることが特徴です。
 そんな芸当ができない不器用さんの為に、目の前の低コスキャラを押しのけてでも相手に迫れるよう、より中途半端攻撃的な形にアレンジしてみました。開幕で3コスまで待ってから、メイド長、モーリー、カマエル(合計パワー9)の3体同時ブレイクで追い回しに入るのが基本。
 青や白黄には割と便利ですが、調子に乗りすぎると終盤に黒の高コストキャラを出されて蹂躙されやすいので、相手の反撃を2体でもさばける重戦車仕様にしたい場合は、ソフィエルを外してウリエルに(イァーリスも捨てがたいですが、ワープ系にしておいた方が彗星コンボの前の呼び寄せがスムーズになり、タイムトリップ後の待ち伏せも牽制できます)。


白:歩、エントランス・レインボウ
黄:ソフィエル、ラユュー
黒:メタトロン、カマエル、彗星爆弾(タイムストップ)
 攻撃も防御も他勢力にお任せで、白は逃げのサポートに徹した他力本願デッキ。ソフィエルを飛ばしたら普通にダメージ入りますので、そこだけは注意。

ななめアロエたんの逆襲
 水着の値段が1200mですか……こんなに布が少ないのに(^_^;

aloesu01.jpg aloesu02.jpg aloesu03.jpg
aloesu04.jpg aloesu05.jpg aloesu06.jpg

 グラフィックは、ちゃんとアロエたんの体形に合うように調整されているようですね。ななめからのアングルで他キャラと見比べると、はっきりと分かります。
20年遅れですが……
 ミヒャエル・エンデの『モモ~時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語~』の愛蔵版を読了。

 4月に出した投稿作(現在、二次選考の結果待ち)では、「時間の本質と不確定性」を主題にしましたので、先達の作品を読んでいないのは恥ずかしいと思って拝読したのですが……流石は、1974年ドイツ児童文学賞受賞作。これに匹敵するレベルの作品を作るのは、なかなかに大変そうです。

 そこらのラノベとは比較にならない領域に達している作り込みに加えて、深い含蓄のある文面の中に盛りこまれた痛烈な風刺や詳細な心情描写は、大人にも十分に通用し、訴えるものがあります。読者対象だった幼年期には女の子に対する苦手意識があったことから手に取ることはなかったのですが、今読んでみて、その児童文学離れしたレベルに驚かされました。

 もちろん、世界のレベルを見せ付けられたくらいで凹んで諦めたりするような弱気は持ち合わせていません。そんなものは、1年半前の退職時に広島に置いてきましたので。

『相手が強ければ強いほど、燃えてくるんだよね~』
(by セイバーファング“ジル・リンクス”)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。