Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか使命感みたくなってきました…
というわけで、10000CPを払って一番恥ずかしい服を買ってきました。

yui037.jpg yui038.jpg yui039.jpg yui040.jpg
髪型:フェアレディ
トップ:ラビットドレス
ボトム:なし
靴:ノーブルホワイト
アクセサリーA:なし

 縫い目や腰回りのシワをしっかり再現しているのに加えて、リボンやしっぽのふわふわ感まで再現している辺り、芸が細かいですね。靴は黒にしようか悩みましたけれど、腕や胸元との調和を考えてひとまずはノーブルホワイトにしてみました。


【おまけ:29300CP装備】
 自分の中では、イベントとか全国での正装として位置付けています。
(「やっぱ、上にたつものはそれなりの格好しないといけないのよ」by 夜羽子)
 こんな面倒な服を描く人はいないと思いますが、参考資料用に掲載しました。
 稼働当初は、ドレス代だけで3万前後必要だったような記憶があるので、これでも安くなった方かも。

yui033.jpg yui034.jpg yui035.jpg yui036.jpg
髪型:フェアレディ
トップ:キュアホワイト
ボトム:ピュアホワイト
靴:ノーブルホワイト
アクセサリーA:メイドール
アクセサリーD:ピュアウィング

スポンサーサイト
焦土作戦、りせっとちゃん発動~!
 短編サイズで計画を組んでいたのに2ヶ月かかっても書き上がらない泥沼状態にハマって悶えていた今日この頃。突破口が見えない上に迷走まで始めかけていたので、さっくり闇倉庫に格納することにしました。

 代わりに書き始めるのは、今日夢の中の本屋さんで平積みされていた作者不詳の入選作です(最初の数ページどころか、出だし掴んだ時点でブラックアウトしましたが…)。また構想からやりなおしですけれど、半年あれば長編の締め切りには充分間に合います。

 調子が乗っている時は半月で60ページまでいくのですが、調子が悪いと2ヶ月で10ページ止まり――アイデアの断片は後々使い回しの余地があるとはいえ、結果的に四半期を丸ごと浪費してしまったのは痛いです。自分の中で、ちゃんと見切りの基準を作っておかないと……
デッキ考察(スターター対抗戦)
 9/30、16:00開催にコスモパークタテマチで開催される大会、タクティクスⅢを6日後に控え、デッキ構成と戦術に関する考察を少々。

 今回のレギュレーションは「主催が用意した『中身が分からない(?)スターターパックを各参加者がそれぞれ選択。その種類に応じて0~2枚のカードを追加して、そのデッキで最後まで戦う。決勝以外は1ラウンド制」というもの。

・赤黒スターター(カード追加不可)
 [沖田、服部忍、ジブリール、ウリエル、パニッシュメントⅡ]
 沖田とウリエルを使いこなせる金~虹ランカーでない限り、今大会では最悪の外れデッキ。
 白青にも劣る合計パワー7、スピード1の沖田とパワー1のジブリール、コストに比べてスペックの弱い服部とウリエル。空間支配力だけなら最強ですが、正直必勝パターンが思い描けません。
 戦術的にはとにかく沖田で粘って逃げ回り、服部とジブリールでウリエルを敵陣にねじ込む隙を作らなくては勝利はありませんが、白青も黄緑も基本籠りで来るに決まっています。
 籠られても、沖田で吹き飛ばして服部で敵MBを拉致しましょう。相手に必殺級のオルタを使われても、頑張って耐えましょう。ウリエル1体で相手を翻弄し、最後は挟んでトラップセンスです(←無理っぽい策ばかりですが、これが出来るくらいの実力差が無いと辛いということです)
 相手がテンパって戦術を間違えてくれる状況になるまで、不可思議かつ胡散臭い動きで幻惑させましょう。心理戦で優位に立てば、光明が見えてくる……かもしれません(汗)


・白青スターター(プラズマ以外のオルタ1枚を追加可能)
 [はるかさん、歩ちゃん、マーリン、ポーラ、体育祭]
 戦術の柔軟性と適応力が高く、中央付近を抑えてマーリン&ポーラで遠距離攻撃が出来ればほぼ必勝形。相手の籠りをピュア・フレグランスで崩してタイムトリップで逃げ切りが図れるので、使いやすさは一番。
 オルタに何を使うかが悩みどころですが、体育祭にこだわらないなら白では調理と星に願いを(「時田に願いを」デッキ)で逃げ切りを優先させるか、青の邪印で勝利を確定させるかの2択。ソドムでは2割弱しか敵MBを削れないので、決め手にはやや欠ける。
 理論上、はるかさんと当たる確率が1/3であることを考えると、デスルーンを入れるのなら仕掛ける前に体育祭で粘着するなり、手前で相殺スキルを発動しておくなど、一定の配慮が必要。


・黄緑スターター(キャラ、オルタを1枚ずつ追加可能)
 [ロュス、メルィ、マヤ、緑ルシ、リンドドレイク]
 おそらく、本命に最も近いデッキ。赤黒、白青ともに開幕で脅威となる速攻は出来ないので、2コス溜めてからロュスと緑ルシで籠り、スピード3&殴り負けの心配が無い弱体結界持ちのメルィと追加キャラをアタッカーにされると、かなり厳しい。
 追加キャラは、エナジーをバランスよく使える緑が基本で、相手を引き寄せられる上にステータスも5/2のアフロディーテが本命。緑エナジーに拘らないなら、3/4のハニエルや決戦兵器レイナで一気に勝負を付けに行く戦法も考えられる。
 アシュタルテーも強いと言えば強いが、支配する相手が弱いと確実性に欠ける。シヴァリアも白青相手に不利なので、1人しかない追加枠に入れるのは考えもの。
 オルタもミラブレ、次元斬、ライカン、エナドレと豊富。一番汎用性が高いエナドレの封入率が高くなりそうな予感。アフロディーテで片っ端から次元斬に引っ張り込む戦術もあるが、ピュア・フレグランスで消されるリスクはある。
アクエリアンテイルWIZ-DOM編②
イベント発生条件がやたらと面倒な6~7話を収録。
極星帝国に喧嘩をふっかけたクラリス様の物欲に、どこまでも付いていきます(ネタバレ注意)
最新時間論の基本と仕組み―時間・空間・次元の物理学
 さすがに2週間も放ったらかしにしてしまうのは申し訳ありませんのでネタ投下。

図解入門 よくわかる最新時間論の基本と仕組み―時間・空間・次元の物理学

 時間論とひとくちに言っても、その内容は多岐に渡っています。物理学は当然として、比較文化学(伝統的・宗教的自然観や時間との付きあいかた)、哲学(有名なのはデカルトの“純粋持続”の概念ですけれど、「時間とはなにか?」という素朴な問いかけに対してだけでも、切り口は実証主義・唯心論・唯物論etc.といろんな視点があります)の各ジャンルについて、それぞれに無数の本があるほど一般性の高いテーマですけれど、この本はバランスや難易度の点において、素人にも割と安心しておすすめできる内容になっています。

 対象レベルとしては、中学~高校程度の理解力があれば余裕で完読できる程度。インターミッションの小噺(シュレ猫探偵団)は想像を絶するつまらなさですけれど(敵役が「悪の科学者ゴルゴンゾーラ博士」とか言ってますよ、奥さん…)、四大文明から最新物理学(超弦理論、スピンネット仮説)までを1テーマ見開き2ページ、200ページ弱で強引にでもまとめきった仕事についてはさすが職業的ライター。

 「ま、まぁ……アンタにしては、よくがんばったわね。ちょっとくらいだったら、褒めてあげてもいいんだから…(///」くらいの評価です(何)
終末の足音…
 1年5ヶ月前に買ったメインPCから、とうとう例の不吉な金属音が聞こえだしました……(((゜д゜;)))

 今は数秒ごとですけれど、この音がひとつ出るたびにHDDクラッシュへと近づいていますので、存命中に修理してデータ移行してもらった方が楽ですので、明日にでも電話して旅に出します。

 つながらないサポートに10回ほど電話した結果、12日に引き取りに来てもらって2週間前後かかるとのことでした。その間、大した更新はできなくなると思われますので、なにとぞご了承下さい。手入力に慣れきっていますので、仮に携帯から更新するにしても、美奈1人が回るジャッジメント並に切ない分量になると思います……(^_^;
たまには、普通の日記を書いてみましょう
3:30 作品の基本設定を1~2ヶ所根本的に書き直した所で力尽きて就寝。
10:30 アカデメイアかどっかで幾何学の講義を受けて、世界の調和に感動する夢から醒める。そんなになるまで、IDMに毒されてるのだろうか……
10:45 松井証券にアクセス。コンマイを利益確定していたので、攻めっ気の強い性分から10%近く落ちて値ごろ感があった伊藤園を100株購入。
11:40 日経を読んでから、酒まつりの旅館予約内容を同行者に合わせて一部変更。
13:00 調べもの。生物多様性条約とカルタヘナ議定書についてあれこれネットで調べて読んでみる。
15:00 飼い犬の散歩(約1時間)
17:00 本屋巡り→ついでに、なんとなく手に取った本を流し読み。
19:00 夕食。教育テレビでマヤ文明の特番(女王“6の空”について)をやっていたので、つい最後まで見てしまう。
20:00 ペコロスさんに推薦された「時をかける少女」(アニメ版)をレンタルしていたので閲覧。
23:00 入浴。今書いてる作品とは関係ありませんが、DVDが良い刺激になったので、いろいろネタを考える。


 そんな感じで日付が変わってしまった今日この頃。テイルの続きに取りかかろうにも、条件が新SRばっかりなので、取りかかれる目処は立ってませんし(真由美や瑪瑙はともかく、かがみんとか、えいむちゃん、ディーナなんて、そう簡単に手に入りませんよぉ)、書いている内容をこんなところで語るわけにも行きませんので、ネタにちょっと困りかけてます(^_^;
チーム内3番勝負
 チームセッション時に対戦できなかった月間MVPナオヤさん(銀5)と、申し合わせの上でフレンド対戦モードを使って3番勝負。
 戦歴の長さでは勝っているものの、相手は室蘭大会2連覇&チーム内対戦成績6連勝中と絶好調のお兄ちゃん。持てるすべての力を投入する本気モードで対戦してきました(2戦目はネタデッキ対決ですが)。


【1戦目】
・使用デッキ
 ナオヤさん…ありす様投入デッキ『アロエ・フレグランスは未来の香り』
(はるかさん、モーリー、ありす様、黒ソフィエル、アロエたん(カマエル)、プラズマ、ジャッジメント)
[コスト:白9、黒7、白オルタ5、黒オルタ5=合計コスト26]

 ゆいすずほ…プラズマアロエなお竜巻デッキver.1.2
(美奈、はるかさん、ソフィエル、アロエたん、ラシエル、スパークリング・プラズマ、タイムストップ)
[コスト:白3、黒8、白オルタ5、黒オルタ4=合計コスト20]

 1R、ナオヤさんが2コス2体ブレイク型なので、こちらは1コスの美奈で先制攻撃→反対側中段にソフィエル召喚で連撃。こっちを殴ってくるソフィエルをメイドコールで足止めして、モーリーを無視して美奈で直接攻撃し、はるかさんを出したタイミングでちょうど美奈が落ちたのでラシエルで一気にプレッシャーを強化。いったんダメージ面で優勢になったので、ナオヤさんの召喚したアロエたんにこちらのソフィエルを落とされても同じ手で対抗。カバーに入ったモーリーを落としてKO勝ちできました。
 2R、美奈、ソフィエルをブレイクしてスーサイド気味に立ち回り。モーリー、ソフィエル、アロエたんに追い回されてHPを2/5まで削られましたが、ラシエルで牽制をかけた直後にプラズマを解放。逃げ回りすぎてナオヤさんのエナジーが白5、黒5になっていたので戦術的には完全に失敗(ナオヤさんがジャッジメントを使っていれば先にKOできていたはず)でしたが、Wikiのセオリーに乗っ取って囲んできましたので、プラズマ+ラシエルと3体との追いかけっこに進展。きわどい勝負になりましたが、HPが2㎜まで削られたところでなんとか削りきってKO勝ち。

 ナオヤさんは今月使う予定のデッキで、まだ経験値が少なかったのがこちらに有利に働きましたが、これが心理的に影響を残して3戦目の行方を微妙に影響することになります……


【2戦目】
・使用デッキ
 ナオヤさん…アツアツ親子どんぶりデッキ(※)
(モーリー、翼、ナナ、ザフキエル、アロエたん、タイムストップ、ステルスシステム)
[コスト:白9、黒5、黒オルタ10=合計コスト24]
※「お兄ちゃん×アロエたん」で、アロエたんの次女の名前が“ナナ”になったことから。

 ゆいすずほ…アロエ入りカレー餡蜜デッキ
(新名、アロエたん、ラシエル、黄ソフィエル、レイナ、調理、プラズマ)
[コスト:白3、黒6、黄7、白オルタ7=総コスト23]

 ネタデッキ同士の対決になりましたが、さすがにこちらが相性悪すぎました(黄ソフィエルはモーリーで潰されるし、新名はザフキエルで突撃されるし……(^_^;)。1R、2Rとも、ほとんど何もできない一方的な展開。最後くらいプラズマで一矢報いようとしましたが、ステルスが準備段階になっているのを確認せずに置いてしまったので当てようがありませんでした(調理しても、ステルスが解除されると同時に、こちらの白玉まで消えちゃいますので……)


【3戦目】
・使用デッキ
 ナオヤさん…室蘭大会使用デッキ
(ルツィエ、ソフィア、黒ソフィエル、アロエたん、ィアーリス、ソドム、神槌ミョルニール)
[コスト:青5、黒9、青オルタ9=合計コスト23]

 ゆいすずほ…プラズマハメる~んデッキ
(メイド長、新名、歩ちゃん、ルツィエ、ミナ、プラズマ、デスルーン)
[コスト:白7、青5、白オルタ5、青オルタ4=総コスト21]

 1R、こちらはメイド長とルツィエを足下にブレイク。ナオヤさんはルツィエを足下にブレイクしながらソフィエルをこちらにぶつける作戦。ソフィエルに軽く翻弄されますが、こちらもソフィエルの操作に気を取られているナオヤさんをルツィエ弾でざくざく反撃。中盤にアロエたんをブレイクしたナオヤさんは、メイド長を撃破しましたが。こちらも対抗して、新名ミナをブレイク。MBで誘ってアロエスフィアを作りましたが、その間にナオヤさんは恐怖のソフィア端置きを実行。ソフィアを殴ろうにも直前に3発をまとめて受けてノックダウンすることになりますので、実に厄介な状況に……。新名が落とされてからは、ミナで相手のルツィエを落として歩ちゃんでカマエルを拉致するものの、ダメージ差を埋める手段は残っておらず、最後にィアーリスなんかを出されてダメージ負け。
 2R、今度は、メイド長をナオヤさんの足下にブレイクしてこっちのルツィエで追い回す作戦に変更。ナオヤさんのルツィエとソフィエルが向かってくるのを迎撃していると、ナオヤさんが本能ですみっこに立っていたので、3人目の選択を新名にして青エナジーでハメる~んを狙ってみたらあっけなく成功(1戦目の白黒プレッシャーが尾を引いていたせいで、デッキ内容の認識が混乱していらっしゃったそうです)。こちらがデスルーンの中に逃げ込んでからもソドムで最後の反撃を受けましたが、致命傷にならなかったのでKO勝ち。
 3R、ここまで来たら、こちらの作戦はメイド長→ルツィエ→ミナのリレーからのプラズマ一択しかありません。メイド長とルツィエでナオヤさんのソフィエルとルツィエをフルボッコにして各個撃破。ソフィアをミナ爆弾で妨害しながらプラズマを投下しましたが、追いかけっこの中でナオヤさんを見失ってプラズマで止めを刺し損ねる大失態を演じてしまいました(下画面で追っていましたが、どうやら、ちょうどプラズマのカードの下にナオヤさんのマーカーがあった模様です)。結局、逆転負けで敗北。


 結果だけを見れば1勝2敗でしたが、状況の変化に咄嗟に適応して作戦を変更するだけの判断力はまだまだ足りませんね。

 あんみつが親子丼に溶かされちゃったのは予想の範囲内でしたが、白熱した対戦が出来て、非常に充実した一日となりました。次の機会には、より進化した状態で臨みましょう(^-^)/
真夏のカレーあんみつ
 もののはずみで、アロエ入りあんみつを表現したデッキを即興で作ることに。
 直感が無理!と叫ぶ声を無視して、強引に作ったデッキは……

・アロエ入りカレー餡蜜デッキ
(新名、カマエル、ラシエル、黄ソフィエル、レイナ、調理、プラズマ)
[コスト:白3、黒6、黄7、白オルタ7=総コスト23]

AAA178.jpg


 ……いちおう、赤エンドウマメ:アロエたんカマエル、パイナップル:黄ソフィエル、寒天:新名、白玉:プラズマ、先割れスプーン:レイナとなっております。調理の後に、ラシエルでかき混ぜて召し上がって下さい。

 食べた瞬間に溶けそうですが、最後の最後まで耐え抜いたなら、やがて光が見えてくる……かもしれません(^_^;

 いえ、分かっているんです。レイナなんて入れたら重すぎるなんて。でも、ラー油入りのあんみつなんて、私は食べたくありませんので(汗)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。