Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴシックセット&ホーリーナイト
 テイルで荒稼ぎしたポイントで新規配信のアイテムを買ったので、例によって撮影。
 暗めの室内で撮った画像を無理矢理補正しているので肌色があまり綺麗に出せていませんが、資料用や鑑賞用などにお役立て下さい。


・いつの間にか配信されていたゴシック&プリンセス(銀細工なので白背景で見えないのは仕様)
yui046.jpg yui047.jpg yui048.jpg yui049.jpg
髪型 フェアレディ
トップ ピュアゴシック
ボトム ゴシックキュート
靴 ガーリッシュ
アクセサリーA プリンセス

・ついでに、とりあえずの出番が終わった赤福。
yui043.jpg yui041-2.jpg yui045.jpg yui044.jpg
髪型 フェアレディ
トップ ホーリーナイト(セット装飾品)
ボトム ――
靴 コンチェルト
アクセサリーA キャッティール
スポンサーサイト
地球岬からこんにちは?
 チームメンバーのナオヤさんが、ホームの方々を集めての合同セッションを提案して下さったので、13日は室蘭地元チーム「黒い仲間たち」と「時を統べる少女」のナンバーマッチング大会となりました。
(タイトルの意味が分からなかった方はこちらへ)

 時節的に参加できなかった方も多かったのですが、チーム四天王の1人、紫さんの紹介で宮城最高の策士にして同じfc2ブロガーのA。KさんAAA流行語大賞、勝手に支援中☆)にゲスト参戦いただきましたので、スペシャルな要素も満載です。


・第1戦 vs.優一さん(銀2)
使用デッキ……タイムツイスターデッキver.2.3
(メイド長、はるかさん、さとりさん、イヨっち、摩利支天、応龍、四天王結界)
【白コスト9、赤コスト5、赤オルタ10=合計コスト24】
AAA249.jpg

 日見呼とアイナを赤白の定番2コスにチェンジ。以前のような1コス3体ブレイクからの速攻はできないものの、対スキル能力が上昇。苦手としていた妨害系、青系に対しても序盤から対等に渡り合える。

相手デッキ:黒白バランス型
(メタトロン、黒ソフィ、ィアーリス、はるか、翼、エントランス・レインボウ、夏休み)

 1R、互いに低コスキャラを揃える布陣から攻め合いに。パワーではこちらが勝っているものの、慣性制御とソフィエルの奇襲の前になかなか押し切れず、パワーゲームに持ち込むべくメタトロンとメイド長の交換で中盤戦へ移行。翼を粘着で落としてィアーリスが出た時点で上部の離れにさとりさんをブレイク。この位置ならギリギリのタイミングで発動可能と読んでいたのですが、ィアーリスが「今しか無い」というタイミングでダッシュをして発動を阻止してさとりさんを撤退させてしまう。この時点でライフ的に僅差であったため、こちらは四天王結界を発動。微妙に勝っている(ように見えた)ライフ差で一本取ろうとしましたが、終わってみれば目に見えないほどの僅差で優一さんが判定勝ち。
 2R、こちらが全キャラを温存した状態でィアーリスが出てきて、はるかさん、イヨっちの二人がかりで相手をしていましたが、ここで優一さんのエントランス・レイン棒が発動。「かきんっ♪」という気持ちのいい音と同時に、こっちのエナジーゲージが3固定に。高コストデッキなのに~と言う間もなく、はるかさん&イヨっちが落ちてリサイクルが発動したものの、やっぱりゲージは3固定。非常事態なので、こちらも仕方なくまりーたんを出して、ボロボロになっていたィアーリスを撃破。翼にも粘着して地味に戦う。虹が無くなってから勢いで逆転、勝っていると判断して判定に持ち込みましたが、これも目に見えないほどの僅差で優一さんの判定勝ち。
 2Rとも自信満々に負けてしまった、今まででも有数に謎な試合でした(^_^;


・第2戦 vs.ヅッキィさん(銀3)
使用デッキ……タイムツイスターデッキver.2.3(同上)

相手デッキ:白単新幹線デッキ
(絵梨奈、はるか、光、翼、望、調理、スパークリング・プラズマ)

 気を取り直して第二戦。お相手は、10月度室蘭大会覇者のヅッキィさんです。
 1R、いきなり真ん中に翼君開幕ブレイク予告を出てきましたw こちらは2コス2人ブレイクなので一手遅れますが、見てから位置を決められる利点を生かして、翼を微妙に背後から挟む形ではるかさん&イヨっちをセット。サンダーボルトの1発目を避けた時点で2人がブレイクできたので、そのまま粘着してさくっと落とす。で、調子に乗って立ち回っていたら望たんが出現。素直にはるかさんで止めながらイヨっちに殴らせればいいものを、ダッシュで飛び込んで出会い頭に落とされて逆に追い回され、復活した翼と2人で場を支配されて逆転負け(ぉ)
 2R、今度も開幕は翼。サンボルを封印してMBに1人で粘着してきたので隅に逃げ、愛の終着駅で逃げ場が無くなった翼をはるかさん&イヨっちでバックアタックして落とす。そして、隅から離脱したMBの目前に望ちゃんのブレイク予告が出ましたが、それは、同時にメイド長、はるかさん、イヨっちの目の前でもありました。出現した瞬間に3人で囲んで、2人が復活しないうちにヅッキィさんを開幕メンバーで囲み、光ちゃんのライトニングが届く前にKO。セッション開始から、全く時間を操っていませんね……(^_^;
 3R、ヅッキィさんが手堅く絵梨奈とはるかさんで守ってきたので、こちらも素直に足下ブレイク。速攻MB粘着という選択肢も無いではないですが、絵梨奈とはるかさんの組み合わせなら放置可能。さとりさんブレイクの準備時間を貰えるというのなら素直に頂きます(籠もり崩しならコンボ完成後にいくらでも出来ますので)。そして、翼が中央ブレイクされたので、ピュア・フレグランスでサンダーボルトを消去した隙をイヨっちに突かせ、支援に来た絵梨奈&敵はるかを無視して翼に粘着、撤退させる。その後、光ちゃんが出てきましたが、はるかさんの後続に出したまりーたんが結界でライトニングボルトを無力化。続いてさとりさんがタイムキープを展開してコンボを完成させますが、光ちゃんを落として望さんを出されるよりもMB粘着に行った方が良いと判断して、その後はタイムキープを使わずに結界をかけてもらって追い回す展開に。プラズマで削られた分を応龍で回復させて、KOには至らなかったもののダメージ勝ち。星を五分に戻したことで、重圧から解放されました。


・第3戦 vs.優一さん
使用デッキ……赤白歩ちゃんデッキ
(はるかさん、歩たん、光ちゃん、あざか、イヨっち、星に願いを、応龍)
【白コスト8、赤コスト4、白オルタ3、赤オルタ5=合計コスト20】
AAA250.jpg

 はい、海砂さんが3チーム合同戦で全勝したデッキをそのままお借りしました。
 正直、あざかを使いこなせていないので対人戦に投入するには時期尚早でしたが、全部ガチデッキで戦い続けるのも遊び心が無いですし、長期間歩ちゃんを使わないと禁断症状が出ちゃいますので……(^_^;

相手デッキ……三色弾幕
(日見呼、メタトロン、サンダルフォン、ポーラ、日置経子、邪印、コマンド・ソーティ)

 1R、日見呼とメタトロンをスルーしようとしますが、しつこく粘着してきたので思い切りよく殲滅。MBに多少のダメージを入れたものの。エナジー3が貯まった時点で弾幕キャラ3体を1ヶ所に固めてブレイクされる。ここまではこちらも予測の範囲内だったので、あざか、イヨっち、はるかさんで防御陣を展開。結界で弾幕を全消去して10カウントほど睨み合いに。優一さんはこのままだと判定でダメージ負けになってしまうので、キャラを二手に分け、下に経子・ポーラ、上に翼を配置。こちらは下に青耐性のあるイヨっちとあざかを差し向けて殴り合いに持ち込みながら、翼の光弾を結界で防御する二正面作戦。しかし、パワーで互角なら、もともとガタが入っていたイヨっちが先に落ちるのは当たり前で、この穴でパワーバランスが決壊してしまいます。明らかに判断ミスでしたが、こうなってしまった以上、こちらは逃げの一手。星に願いをでキャラを消して、光ちゃんをブレイクして時間を稼ぎ、それでもバトルセンスでダメージ差を逆転されたので、応龍で再逆転してなんとか判定勝ち。
 2R、今度こそ日見呼とメタトロンを飼い殺しにしようとしましたが、それこそが判断ミス。日見呼とメタトロンがはるかさんに粘着してきて落とされてしまうと、弾幕に対抗する術はなくなってしまうのです。そして、動きを制限された所に日見呼とメタトロンを生贄に出されてしまい。後は弾幕一色。3Rも同じ展開でおまけにコマンド・ソーティと邪印を出され、続けてラウンドを取られて逆転負け。
 今にして思えば、1Rの殲滅戦が実は正解で、あざかの代わりに光ちゃんを出して防御していれば負けない戦いが出来たのかも(もっとも、その時は相手も隅ブレイク×3とかしてきたと思われるので、また別の試合になったと思われますが)


・第4戦 vs.優一さん
使用デッキ……タイムツイスターデッキver.2.3(同上)

相手デッキ:赤青ひだまりデッキ
(沖田、弓削、あざか、ルツィエ、コロナ、応龍、魔伏せの法)

 チームの看板を預かっている身としては、負け越しという恥ずかしい事態は避けたいのでガチに戻して最終戦に臨みましたが……つくづく、優一さんとは縁が深いようですね(^_^;
 でも、最後くらいは勝たせてもらいますよ♪
 1R、優一さんは、足下に沖田、弓削、ルツィエをブレイク。こちらは、足下にはるかさん、イヨっちをブレイク。6コス対決は先出しがそのまま勝利に直結するケースが多いので、こちらはひとつ空席を用意して、ルツィエ弾を跳ね返したり消したりしながらエナジーを溜めます。そうこうするうちに、ルツィエがすぐ目の前まで歩いてくる。
 優一さんは、ルツィエを落として貰わないとコロナが出せない。こちらも、コロナに出てきて欲しくない。そこまでは分かるのですが……こちらのはるかさんを倒してしまってもタイムキープが完成してしまうので、攻めることもできないことにルツィエが気付いてしまう。目の前で立ち止まって動かないルツィエ、じっと見つめあうツンデレふたり(笑)
 でも、この状況って実はこっちが微妙に不利なんですよね。ルツィエはいつでも飛び込んでダメージ差を広げられるし、まりーたんを場に出せない以上、さとりさん1人だとそのダメージ差を取り返せない。で、結局こちらが先に折れてルツィエを落としましたが、さとりさん出してからでも良かったですね。コロナとさとりさんがほぼ同時にブレイクされ、敢えて足を止めて集中したさとりさんが瀕死まで削られながらもフレアーシャイニングの隙間でタイムキープを展開させることに成功。仕込み中、さとりさんの周囲にはるかさん&イヨっちを置いて空席をもう1つ作ればコンボ完成も出来たのですが、それを失念していた為にさとりさん1人でタイムキープする展開に。これでは、さすがに相手が動けない状況でも逆転することは不可能で、そのまま時間切れして判定負け。
 2R、開幕のブレイクは1Rと同じでしたが、今度は相手が攻めてきたので、スルーして追いかけっこに持ち込み、飼い殺しにしながら陣形をばらばらにして囲んで殴りにいった作戦が的中。殴って大差を付け、終盤にさしかかるところでキャラを落としてしまったものの、天然離心流で飛ばされた所にコロナが出てきたので粘着してスキルを使わせずに落とす。そのまま、大差でダメージ勝ち。
 3R、今度は、互いに2枚ブレイクで攻め合う展開。ほぼ互角に試合が進み、コロナを粘着で落としてから応龍で引き離したものの、応龍返しで再び五分にされる。結局、追い回し中にできたわずかな隙を突いて微差をひねり出し、それを今度こそ守りきって勝ち。


 今回は実力的に近い方と当たったので接戦が多く、いずれも白熱した試合になりました。参加者の皆様、ならびにこの企画を立案して下さったナオヤさんに、この場を借りて御礼申し上げます。
歩ちゃん来ました~♪
 地球の恋人さんが歩ちゃん描いてくれたことに感動して、思わず紹介♪

 何だかものすごい紹介をされていますけれど、実は、うちのチームでも歩ちゃんの能力を100%引き出せているのは四天王の皆さん(金2~3クラスの方が4人いるので勝手に命名w)くらいだったりします(^_^;

 せっかくですので、無差別系スキルとの組み合わせ以外での歩ちゃんの立ち回り方を紹介(↓)

 敵キャラの拉致は、1カウント先の未来を読むのがコツです。素直に向かってくる相手は比較的簡単ですが、最初はMBとかキーキャラクターをオトリにして、追いかけてきた相手をハメたり、敵MBの進路に先回りして、味方に追いかけられてきたところをハメるのもアリ(これで、あなたもタイムトラッパーw)
 で、飛ぶのは割と簡単な訳ですが、歩ちゃんは拉致した後が肝心です。そのままでは、帰ってきた後に潰されちゃいます。帰ってくるところに、さりげなく「さいこすひあ」や「ライトニングボルト」、「あざか棒」、「縁結び」、「魅了」、「知識の誘惑」などを置いておきましょうw
 そして、タイムトリップばかりではパワー3、スピード2のパラメータが泣いてしまいます。追いかけっこ要員やアタッカーとしても貴重な戦力ですので、スキルを使う場面と連携する場面を見極めて動かしましょう。迷ったら取りあえずMBと他のキャラの間に走らせるのもイイですけれど、時間を浪費したくないなら思い切りの良さが肝心です。
チーム交流戦個人結果
 「Strikers」「白皇学院生徒会」「時を統べる少女」の3チーム合同戦(ナンバーマッチング形式)からはや5日。直後に風邪をこじらせて寝込んでいたので更新もしないで放置していましたが、遅まきながらイベント報告しようと思います。

使用デッキ……タイムツイスターデッキver.2.2
(メイド長、アイナ、さとりさん、日見呼、摩利支天、応龍、四天王結界)
【白コスト8、赤コスト4、赤オルタ10=合計コスト22】
 摩利支天結界で味方を護って相手だけを3体ロックする。綺麗にハマったら相手はもう何もできなくなる一方、他の6コスデッキと同様、指し回しを間違えるとあっさり崩壊する。


・第1戦 vs.玉女さん(白皇学院生徒会、銀2)
 相手デッキ:黄青(マーリン、クラリス、イザベル、ロビン、リン、ソドム、ダークベイン)
 1R、開幕で出てきたロビンを落としにいきましたが、逆に全員超鈍足にされて飼い殺しにされる展開。遠距離攻撃スキルを持たないこちらはどうしようもなくなり、そのままダメージ負け。
 2R、今度はちゃんと鈍足にされる前にロビンを何とかして、さとりさん&摩利支天結界発動。固まったイザベルをフルボッコにしてリンと炎を固めたままMBに粘着してダメージで先行。これなら応龍を使わなくても勝てると判断したものの、終了直前になって炎ソドム発動。せっかくトラップセンスを積んでいたにも関わらず、ダメージ計算の方に意識が行ってしまってセンス発動を忘れ、4割削られて逆転負け(ぉ

・第2戦 vs.ミルファさん(Strikers、銀3)
 相手デッキ:白青(アイナ、翼、ドラグナー、ルツィエ、works274、ソドム、ダークベイン)
 1R、序盤を日見呼、メイド長、アイナで攻めるも敵アイナとルツィエに支えられてしまう。翼とworks274にスキルを中断されるとなかなかタイムキープまで持って行けず、瀕死状態のルツィエを落とすも時間切れでダメージ負け。
 2R、中盤、ブレイク直後の翼を囲みに行ったものの、あと一歩のところで倒し損ねてしまってからジリ貧に。ドラグナーに追いかけられたさとりさんをMBでかばってタイムリープを発動したものの、今度は翼を落とした直後にブレイクされたworks274に追いかけられる。結局、このラウンドも落として負け。
 今にして思えば、アイナを意識しすぎて序盤の数的有利を生かし切れなかったのかも……

・第3戦 vs.シンさん(白皇学院生徒会、金3)
 相手デッキ:黄緑(カイム、卑弥呼、ラユュー、ゴモリー、要、月下美人、ファイア・フォール)
 1R、カイムを画面上部中央にブレイクされ、ゴモリーが突っ込んできたので両方とも落としにいく。次に出てきた卑弥呼も殲滅して場を支配しようとしたものの、ここで要が出現。あっというまにキャラを落とされるものの、四天王結界を発動。いかにパワーがあっても、これならさとりさんをスキル発動まで守りきれる……と思いきや、結界の効果範囲よりも槍のリーチが長いことを思い知らされました;;
 2R、今度は隅に摩利支天とさとりさんをブレイクしてタイムキープに成功。極星ステージなので、パワー3の2人で8カウント中ずっと要を殴る。これで要は落ちる予定だったのですが……固すぎて落ちませんでした(汗)。解除直後に怒り狂った要に逆襲されて2人が落ち、一度完成した場を自ら崩壊させて負け。落ちないと分かっていれば一旦対比してスキルをかけ直すなり、ダメージで先行していた分を活かして逃げ切りを狙っていた所ですが、この展開は予想外でした(^_^;


・第4戦 vs.リインフォースさん(Strikers、銀1)
 相手デッキ:緑青(ゴモリー、竜吉公主、フェンリル、ルツィエ、コロナ、月下美人、ソドム)
 1R、ゴモリーとルツィエを落としたものの、竜吉公主に押されてジリ貧になったところにフェンリルとコロナを出されて負け(ルツィエはともかく、ゴモリーと竜吉公主の相手までしてあげたのは人が良すぎ。実は、この試合まで「相手と殴りあってエナジーを溜めること」を過剰に意識してしまっていました)
 2R、1Rと同じ展開になりかけましたが、四天王結界でのMB角ハメに成功したのでさとりさんと復活したアイナで強制バックアタック。ここに来て、ようやく1ラウンド取れました。
 3R、殲滅戦から序盤MB粘着に戦術を転換。スピード1キャラを日照りで飼い殺しにして、そのままダメージ勝ち。立場上、これ以上負けるわけには行かなかっただけに、どんな形にせよ1勝出来たことにほっとしました(汗)

・第5戦 vs.シンさん(白皇学院生徒会、金3)
 相手デッキ:黄緑(カイム、卑弥呼、ラユュー、ゴモリー、要、月下美人、ファイア・フォール)
 1R、リインさんとの試合で得た教訓を生かして「序盤キャラを残して要を出させない」戦略を狙いましたが、ゴモリーをスルーしてカイムを適当に殴ってスキル中断させていると、卑弥呼が出てきて戦力を逆に集中される。とうとう耐えられなくなってカイムを倒したところにラユューが出現して、後はジリ貧に。苦し紛れに出したキーカードの摩利支天を落とされた時点で、逆転の可能性は消えました。
 2R、今度は戦力を集中してカイムと卑弥呼だけを狙う作戦に。要が出るよりも早くさとりさんを出してタイムキープを展開し、今度はメイド長、摩利支天、さとりさんの3人で8カウント要をフルボッコに……したのに、固くて落ちませんでした(滝汗)。それでも瀕死になっていた要が逃げてくれたので、もう一度固めて要を落としてから、応龍で微妙だった体力差を逆転して五分に戻しました。
 3R、2Rと同様の展開に持ち込もうとしましたが、デッキの中心とも言える摩利支天に粘着されて形を作れずに負け。とりあえず、1戦目よりかはマシな試合になりました。

・第6戦 vs.ASAKURAさん(白皇学院生徒会、銅5)
 相手デッキ:黄黒青(レイナ、メタトロン、サンダルフォン、ジリアン、アレキサンドリア、次元斬、空間湾曲)
 1R、レイナ様とサンダルフォンさえ出させなければどうにでもなりそうだったので、とにかくMB粘着路線でちくちく。ジリアンの光弾を結構もらいましたが、それでもダメージで先行して序盤キャラを落とされるに任せ、終盤にタイムキープを完成させてダメージ勝ち。
 2R、ジリアンに隅から狙われましたが、相手キャラが分散している分だけ追い回しもやりやすく、日照りで足を止めたところにブーストで追いついて勝ち。


 結果的には2勝4敗でしたけれど、従来の枠を越えた交流が出来て大変良い刺激になったと考えています。それに、高コストデッキの回し方を理解するきっかけになったのも、個人的に収穫でした。

 最後になりましたが、お誘い下さった「Strikers」の高町なのはマスター、「白皇学院生徒会」の桂ヒナギク マスター、そして、交流会に参加して下さった全ての方に、この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。