Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型一種への道 その2(第1段階 4~6時限)
ッリ ;・ヮ・)ッ 「4~6時限での新規教習内容は、隘路(大型S字クランク)とバック。これまでには曲がらなかったキツめの角も練習コースに入ってきて、難易度上がってきたよぉ」
ノリ ーヮール 「何言ってるのですか。こんなの、まだまだ序の口です。教習コースの5分の3しか使っていないのですから、これから更に難しくなっていきますよ」

(注意点は多すぎるからまとめて追記に格納)

ッリ ;ーヮー)ッ 「うーん……普通車で適当にやっていた部分に、きっちり精度を求められているような感じがするよぉ。車体の感覚をまだ十分に体得できていないから、精度以前の問題なんだけどね」
ノリ ・ヮ・ル 「車体の感覚は、身体で覚えていくしかありません。この第一段階でまともに走れない限りは免許をどうこういう以前に危なくて路上を走れませんから、1時間5000円のテーマパークに通っているつもりで気長にいきましょう」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「くよくよしたって、仕方がないよね。で、次のシミュレーター教習はいつになるのかなぁ?」
ノリ川・ヮ・ル 「それが……一番早く取れる予約が、5月14日です」
ッリ >o<)ッ 「そんなに離れていたら、今までの感覚なんてどこかに行っちゃうよぉ!?」
ノリ ;・ヮ・ル「雪が溶けて新年度になったこの時期、大型教習の生徒さんがすごく多いらしくて……でも、シミュレーターの数には限りがありますからね」
ッリ ;ーヮー)ッ 「……それまでは、イメージトレーニングで補えってことだね」
[大型一種への道 その2(第1段階 4~6時限)]の続きを読む
スポンサーサイト
大型一種への道 その1(第1段階 1~3時限)
ッリ >ヮ<)ッ 「雪が溶けてAnまつりも終わったから、年初の宣言通りに大型一種を取りにいくよぉ」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「中型(8トン限定)からのランクアップですね♪ 乗用車よりも大きな車の運転経験はあるのですか?」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「引っ越しの時に、2トントラックをちょっと動かしただけだよぉ」
ノリ川・ヮ・ル 「いきなりそんなで、大丈夫ですかっ!?」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「どうせ、大きくなっただけでしょ。車体感覚さえ覚えれば楽勝☆」

(1時間後)

ッリ川・ヮ・)ッ 「……そんなことを考えていた時期が、すずっちにもありました」
ノリ >o<ル 「20トン車は、乗用車とは全く別の車なのですよ。基本的な構造は同じでも、男の子と女の子くらいに違うのですっ!」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「ギアは8段まであるし、エアブレーキは強力だし、車線の向こう側にはみ出さないと曲がれないし、後輪のブレもおっきいよぉ!?」
ノリ ーヮール 「安全確認に時間取られすぎです。ミラーが多くて情報量が多いのは分かりますけれど、こんなに動作遅いと路上に出られませんよ」
ッリ >o<)ッ「車体は1.5倍、幅が2倍であることを考慮しないと交差点にしっぽが出ちゃう~!?」
ノリ ・ヮ⌒ル 「結局、外周をぐるぐる回っただけでしたね。あと7時間で修検ですから、いっぱい覚えないと追加教習(5250円)が待っていますよ♪」

(2時間目)
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「最初に車体の高さ感覚(4mバー)を体感したら、路短駐車の練習です。左の路肩にある白黒のバーに止めてください」
ッリ`・ヮ・´)ッ 「まかせてよぉ。かっこよく左に寄せて……」
ノリ川・ヮ・ル 「ちょ!? やめて、やめて、ぶつかる、ぶつかるーー!?」

 めりっ☆


ノリ#・ヮ・ル 「止めてください。車降りてみましょうか」
ッリ川・ヮ・)ッ 「………………路肩に並んでたポールが、1本へし折れてます」
ノリ#・ヮ・ル 「慣れてもいないのにスピード出したりするからです。前に出してから、バックで入れてみますか?」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「慎重に、慎重に……って、さっきのがトラウマになって寄せきれないよぉ!?」
ノリ ・ヮ・ル 「やり直しなんて、そんな簡単にはできないということです。後ろの車を待たせているので出発です」

(3時間目)
ノリ ーヮール 「坂道発進は割とあっさりクリアできましたけれど、路短がトラウマ化していますね」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「発着場では止められるのに、路短ができないのなんでだろ~♪」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「まだまだ、S字クランクとか手つかずの技能がいっぱいありますよぉ。ギアチェンジも、3~4段を活用できる余裕が欲しいですね」
ッリ >ヮ<)ッ 「まだまだ! すずっちは、こんなところで終わる子じゃないんだから。残り5時間、気合い入れていくよぉ~!」



【各技能の基本手順】
・路短
1.外側に張り出している左ミラーをポールにぶつけないよう、注意しつつ進入
2.沢山あるミラーを活用して、距離感を掴みながら幅よせ。
3.発車時は、動き始めたタイミングでゆるくハンドルを回す(回しすぎると、それだけ後輪のブレが大きくなる)
4.対角線の先を、目視確認(検定では、最低2回やらないと減点)

・坂道発進
1.進入前に、左ウインカー
2.中央線を踏みがちだが、ガードレールを壊すよりはまし。臨機応変にいこう。
3.後輪が坂に乗ったら停止(サイドは目一杯引く。中途半端だとずり落ちていく)4.1~2千回転でクラッチを緩めていき、音が変わったら徐々にサイドを解除する。
5.下り坂では、クラッチを踏まずに2速走行(クラッチを踏んだ状態だと、エンジンブレーキが効かない)
6.下り坂に「警笛鳴せ」の標識があるので、クラクション1回。

【その他注意点】
・ウインカーは、交差点からトラック一車体分手前に来た時点で出す。

・運転席右後方と、助手席足元にも窓がある(ミラー完全死角)

・背もたれには、しっかり背中を着ける(背中が浮いた状態では、踏ん張りがきかない)。

・最後は、ギアをリアに入れてからエンジンを切る
(エンジンが掛かっている時の方が入れやすい)

【コツ】
・停止時に速度がある時は、2~3速でエンジンブレーキ。クラッチは停止直前に踏む(エンジンはそうそう簡単には止まらない)

・曲がる時は、サイドミラーで後輪~路肩を確認しながら。

・上手く曲がれた時に自分が辿ったラインのイメージを記憶しよう。

・安全確認がまだ甘い(運転中にも、全てのミラーを使いこなしていく意識が必要)

・クラッチは、足の指で掴んで操作する感覚。
Anまつり翌日れぽ(前編)
【4月1日 8:30 浜大津レイクサイドホテル】
ッリ ーヮー)ッ°°°「ねみゅたいよぉ……」
ノリ >o<ル 「こんな時間まで何やってるんですか!? 10時に大阪のH市でフローレさんと合流する予定だったじゃないですか。惰性のニュースなんて消して、全力で着替えてくださいっ!」
ッリ川・ヮ・)ッ 「ゆずっち……夜明けにいきなりブラサンまんじゅうは、ちょっと重いよぉ……」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「いたやんさんからのご厚意に、拒否権はありませんよ♪」

【移動中】
ッリ ・ヮ・)ッ 「浜大津ICから高速でしゅるっと移動だよぉ。近畿の自動車道は、妙な課金ポイントがいっぱいあるのがクセモノだけど、3車線だからマイペースで走れるね♪」
ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「視界の殆どが、建造物で埋め尽くされてますね……信号待ちを考えると、まさに『時間を買っている』感覚です」

【10:00 某リトルパーク】
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「開店間際だけど、きれいに滑りこめたよぉ♪」
ノリ ;・ヮ・ル 「でも、誰もいませんよ……?」
ッリ川・ヮ・)ッ 「んー……念のため、けーたいにメールしてみよっか?」
ッリ >ヮ<)ッ 「おまたせー☆」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「わ~い♪ ここで遊ぶ? それとも、とりあえず早めに無鉄砲本店まで行っとく?」
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「どっちでもいいけど……どれくらいかかるのかナビで検索しよっか」
ノリ ・ヮ・ル「到着予定時刻は、11時(開店時刻)ちょっと前になっています」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「信号待ちもあるだろうし、どれくらい並ぶのか分からないから、開店直後に強襲しよっか」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「いっくよぉ♪ それじゃあ……(ウォークマンぽちぽち)景気づけに、この曲から☆」



ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「いきなりコレだなんて……好きだからいいけど、とりあえず窓は全閉にしとくよぉ」

【11:10 無鉄砲本店前】
ノリ ;・ヮ・ル 「早くも、10人近くのお客さまが店外で行列を形成されています!?」
ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「さすがは人気店……お店以外には何にもない場所なのに、第一班が収容されてなお店外に溢れてるよぉ」
ノリ ーヮール 「日曜日であることを差し引いても、先頭の方が何時から並ばれていたのか想像もつきませんね」
(行列に着く前に、券売機で食券購入→店員さんに味の希望をオーダー)
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「(ごそごそ)……はい、昨日の初代AnAnカードのお礼だよぉ。いまのうちに渡しとくね♪」
120401-02-2.jpg

【11:40】
ッリ >ヮ<)ッ 「お店に入ってからすぐにラーメン出てきたよぉ☆ スープこってりネギ多め脂少なめ大盛り味玉トッピング~!」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「豚骨100%から煮出したコラーゲン多めのスープは、こってりなのに嫌味のない、独特なコクのある味わいですー!」
ッリ ーヮー)ッ 「しあわせ……通販もあるけれど、いつか金沢にも来て欲しいよぉ」
120401-01.jpg

(後編に、続くよぉ~)
Anまつりに行ってきたよぉ
【3月31日 PM 1:00】

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「いよいよ、待ちに待ったAnまつり当日だよぉ♪」

ノリ ;・ヮ・ル 「ひどい雨で高速の速度規制が厳しかったり、草津からの道路渋滞などがありましたけれど、なんとか間に合いましたね」

ッリ >ヮ<)ッ 「コスプレの準備も完璧だよぉ☆」

ノリ ーヮール 「……ハッセル棒はともかく、白衣は普段着ですよね?」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「にゃはは、だからこそ気軽に用意出来たんだけどね」

ノリ ;・ヮ・ル 「西日本の配信画像で、この恰好は丸わかりですね」

ッリ >ヮ<)ッ 「一瞬だけ輝いた、すずっちの雄姿を見るがいいよぉ☆」

(その後、ロッテリアでお昼ごはん→ほどなくイベント開始)

ノリ ・ヮ⌒ル 「答えの品物は、もちろん持ってきましたよね♪」

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「もっちろん♪ これだよぉ~」
120404-02.jpg 

ノリ川・ヮ・ル 「いきなり終わりましたね……いろいろと……」
120404-01.jpg
 
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「この画面を見せたらOKだったよぉ」  

ノリ >o<ル 「そういう仕掛けでしたか」

ッリ ;ーヮー)ッ 「本当はセガサターン持っていきたかったんだけど、いざ箱を用意してみたら大きすぎ&重すぎでね。いろいろと迷惑そうだったから断念したよぉ」

ノリ川・ヮ・ル 「自重して正解です」
120404-03.jpg

ッリ >ヮ<)ッ 「東日本は大変なことになってるみたいだけれど、浜大津は13時から天気も晴れて来たよぉ♪」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「さすがは年に1度のAnまつりですね。西日本のエリアランカーの皆様がよりどりみどりです」
ッリ ・ヮ⌒)ッ 「手続き後は、イカ娘MOSAさん、のどっち姫、綾さん、いたやんさん、8823さんetc.の皆様とご挨拶したよぉ」
ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「会場前方のあそこ、エビアン本多さん&とうちゅうさんのツーショットですね……」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「これは、厳しい戦いになりそうだね……」

(オープニングの後で、いきなり○×クイズ突入)
【Q1.AnAnの歴史は、今年で5周年になる】
ッリ川・ヮ・)ッ 「…………わかんないけど、みんな○に殺到してるから○に行くよぉ」
ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「まさしく、信頼と実績のオーディエンスですね」
(※全員○を選択して正解)

【Q2.アンアンとついったーでは、アンアンの方が歴史が長い】
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ  「そんなわけないじゃん。ミニブログなんて、5年以上前のスペックでも十分サービス開始できたはずだよぉ」
ノリ ;・ヮ・ル 「しかし、皆様の9割近くが○に留まりましたよ」
ッリ川・ヮ・)ッ 「……もしかして、すずっち終わった!?」

せくしー「正解は……×だぁー!」

ノリ ;・ヮ・ル ッリ ;・ヮ・)ッ 「しええええええーーー!?」

(とうちゅうさん含む錚錚たる皆様が、一斉に東京直行して会場全面があっというまにスカスカ状態に)

ッリ ;・ヮ・)ッ 「……完全予想外の展開だね」

ノリ川・ヮ・ル 「……○×って、怖いですね」

ッリ >ヮ<)ッ 「これは、千載一遇の好機だよぉ☆」

【Q3.3月31日は、山菜の日に登録されている】
ッリ川・ヮ・)ッ 「……やばいよぉ。ぜんぜん分かんない」

ノリ ;・ヮ・ル 「聞いたことありませんけれど、季節的には合っているのかもしれませんね」

ッリ`・ヮ・´)ッ 「10秒で決断。わからないときはとにかく○っ!」

(※正解は×。山菜の日そのものが、これまでに登録されていません)


ッリ ;ーヮー)ッ 「……まっしろに、燃え尽きたよぉ。見学席へGO!」

ノリ川・ヮ・ル 「……引っ掛けくさいとは思っていましたが、軽率にもかかってしまいましたね」

【Q4.童謡の「春よ来い」と「春が来た」。「春よ来い」よりも「春が来た」の方が早く作曲された】
ッリ ・ヮ・)ッ 「む・り・だ・よ・ぉ」
ノリ川・ヮ・ル 「素の知識で正解するのは、ほぼ不可能ですね。「春が来た」のほうが、より西洋音楽らしいメロディーラインですけれど、これを消化できていないとみるか、吸収したとみるか……」

(※正解は、×。「春よ来い」が大正12年。「春が来た」が昭和16年)

→○×予選終了。生き残った7人が、最終段階の映像問題に臨むことに。

ッリ ;・ヮ・)ッ 「このグロ○×で、3連続で×を選択するなんて恐るべき神経の太さだよぉ」

ノリ ・ヮ⌒ル 「問題の内容は、伝統の『何を作っているのでしょうか?』ですね☆」

(1問目)
ッリ ;・ヮ・)ッ 「露骨にホットケーキくさいけど、クレープって可能性も……って、ちょ!?」
ノリ >ヮ<ル 「山修さんが、ここで決断のダイブ。みごとホットケーキを正解されました☆」

(2問目)
ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「またもや粉系なのっ!? 型に嵌めたからクッキーかなぁ」
ノリ ・ヮ⌒ル 「確定ポイントよりも少し早いところ挙手をされたのが功を奏しましたね。挙手から映像をストップするまでのタイムラグの間に、ドーナツの形がはっきりと見えました☆」

(3問目)
ッリ ;ーヮー)ッ 「ジグソーパズルだけど……完成図もモザイク写真って」
ノリ ;・ヮ・ル 「正解は犬でしたけれど、だれも回答できませんでしたね」

(4問目)
ッリ ;・ヮ・)ッ 「完成直前に挙手した方が、痛恨の誤答失格だけど……もう、全員解かっちゃってるから挙手順では選べないよね」
ノリ ;・ヮ・ル 「2人しか選出されなかったのは想定外でしたけれど、○×問題の残りで4人→2人に絞られるようです」

【EX Q1.「ダルビッシュ」は、商標登録されている】
ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「いやぁ、これはされてるでしょ」
ノリ >ヮ<ル 「ここで、2人ずつ○と×に分かれましたので、最終問題になることが確定しました☆」
(※正解は○、ダルビッシュの父親の会社が登録したそうです)


せくしー「せっかくなので、東西対抗ダブルス! 西日本代表になりたい者は、2人ペアで挙手だー!」

ッリ >ヮ<)ッ「フローレたん、一緒に代表になるのだ~!」
ッリ ;・ヮ・)ッ 「すずっち、私でいいのっ!?」

ッリ >ヮ<)ッ ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「ステージに~♪ つれてって~♪(ふしぎなおどり)」

しんでれら「んー、そこのウルトラハットのカップルと……リア充ペアの2組!」

ッリ川・ヮ・)ッ ッリ川・ヮ・)ッ「がーん……」

しんでれら「いやぁ、やっぱりリア充はいいですよね……って、男の娘!? 芸能系行ったら、かなりイケるんじゃないの!?」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「服装は男の子なんだから、勘違いした方が悪いよね……」

ノリ ;・ヮ・ル 「それどころではありませんよぉ。あのCNに、中学生って……数日前にフォローしていただいた、かみかぜさんじゃないですか!?」

ッリ`・ヮ・´)ッ 「なんたる偶然っ!」(※休憩時間に、ご挨拶しました)

(多少の混乱をひきずりながらも、ダブルス西日本代表決定戦へ)

ッリ ;ーヮー)ッ 「うぅ~、答えられる問題ばっかりだよぉ。フローレさんと出ていたら、これって勝ててたんじゃないかなぁ?」

ノリ *⌒ヮ⌒*ル 「それを言ったら、お姉ちゃんより強いペアだってたくさん立候補してましたよ。ここで評価されるべきは、愛の力ですっ☆(つやつや)」

ッリ ;ーヮー)ッ 「ゆずっちが好きそうな展開だもんね」

(ダブルス東西決戦は、東日本代表ヲサムさん&モモゾーさんペアという金銀ペアに、西日本代表ふく*ふくさん&ゆづきのきみさんペアが挑む展開に。得意のグル生を連取して☆9まで迫る大健闘を見せるも、東日本ペアが維持と貫禄の勝利)

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「う~ん……やっぱり、ダブルスの経験があると差が大きいよね。『これ押して』機能の存在を知っているだけでも全然違ってくるし」

ノリ ⌒ヮ⌒ル 「でも、同じ会場の代表に、あたたかい声援を送って差しあげる西日本会場の皆様、大好きです☆」

(休憩時間のあいだ、西日本会場では、しんでれら作問の漢字クイズ大会に突入)

ッリ ・ヮ⌒)ッ「難読地名なんて、普段から漢字メドレーで鍛えてるから楽勝だよぉ。みんな即決で挙手してるね」

ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「この程度では問題にならないですね。シンデレラさんも、この事態を想定していたようです」

しんでれら「これから後の問題は、僕が考えた創作漢字クイズです! これは何?(男×10)」

ッリ川・ヮ・)ッ 「タイガー・ウッズ(木虎)やヨン様(様×4)は会場のみんなもらくらく正解してたけど、これは何……???」

ないちゃう鴨さん「EXILE!」

しんでれら「正解でたっ!?」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「あー、そゆことね」

(休憩後、西日本会場決定戦と、東日本代表決定戦の会場選抜メンバー発表)

ッリ ;・ヮ・)ッ 「さとらさんが、会場選抜決勝に進出してるっ!?」

ノリ >ヮ<ル 「元SW大会主催ということで、こっちの会場も大歓声です☆」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「しかも、その流れで浜大津でもsolinoコール発生だよぉ!?」

ノリ ・ヮ⌒ル ッリ ・ヮ⌒)ッ 「そ・り・の♪ あっそれ、そ・り・の♪」

(ハcリ>o<リ 「そ、そんな大声援照れちゃいます~」

(そんなこんなで、東西代表2名が決定してファイナル開始)

せくしー「山修さんと087さんが、ワンツーで決勝進出! 本来、中継主導権は東日本と決まっているのだが、こうなった以上は我々西日本が主導権を奪取したぞー!」

会場のみなさん「うおおおおおおお!!」

東会場「せくしー! まだ決勝の連想が終わってないんだから黙ってなさい。早く映像回して!」

ッリ ;・ヮ・)ッ 「……はっ!? そうだったよぉ」

(087さんが優勝してレアタイトル『クイズダディ』をげっと。エキシビジョンマッチでは、しんでれらが087さんをラス問まで苦しめる大健闘。087さんと田中氏の早押し決勝は、087さんが終始押し勝つも、誤答2問(うち1問は分岐)が響いて10pt差で田中氏の優勝)

ッリ ;ーヮー)ッ 「あの分岐が無かったら勝ってたのにね……残念だよぉ」

ノリ ;⌒ヮ⌒ル 「勝負は時の運ですよ。この1戦では、田中氏に運が向いていたということですね」

ッリ ・ヮ・)ッ 「そうだよね。誰もが2人の戦いを讃えていたよぉ。どんな問題でも流さずに回答していたのも、魅せる戦いを意識していたんだろうね」

(イベント終了後、AnAnペーパーを貰って懇親会へ。初期状態のテーブルで同席したのは、グリフィスさん、32さん、ゴンまさるさん)

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「はじめまして、すずっちだよぉ♪」

SPIさん「どうぞ、チー問配布です~♪」

ッリ ;・ヮ・)ッ 「むず……1割くらいしか分からないよぉ」

ノリ ⌒ヮ⌒ル 「問題傾向が少々関西ローカルですけれど、良問だと思いますよ」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「タワーでよくマッチしてるダンシングSさんにも挨拶してきたよぉ」

ノリ ;・ヮ・ル 「酔拳使いの方だったのは知りませんでした。お姉ちゃん、酔拳に負けてたのですね……」

ッリ川・ヮ・)ッ 「……どんまい。崇山庵子さん、ご無沙汰してます」

(ハcリ ’ー’リ 「お変わりないようで、何よりです」

ノリ ーヮール 「悪い意味で、変わっていません。申し訳ございませんでした」

ッリ ・ヮ・)ッ 「そういえば、博多nみのさんってどんな方なのかなぁ」

(ハcリ;⌒ヮ⌒リ 「後ろのテーブルに、本人いらっしゃいますけど」

ノリ ⌒ヮ⌒ル 「こんなヤツです♪」

ッリ ;・ヮ・)ッ 「はうっ!?」

(さらに席替えは進んで……)

ッリ ;・ヮ・)ッ 「枢さん、ごめんなさい。今日の実況まで、框(かまち)さんだと勘違いしてました」

ノリ ーヮール 「初見で正しく呼んでくれた人はいないから、もう慣れてるよ……」


ッリ >ヮ<)ッ 「エアーウルフさん、ツインテのよしみで名刺どうぞっ♪」

ッリ ・ヮ⌒)ッ「いいよぉ。せっかくだから、マイミク登録するね~」

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「わぁい♪ やったよぉ~」

(のどっち姫の席に行くと、連想一発押しさんがミルミルSさんいぢり中)

ッリ >ヮ<)ッ 「腕相撲、みるみるみしるの両手相手でもいっただき~!」

ノリ >o<ル 「うぅ~」

ッリ`・ヮ・´)ッ「今度は、すずっちが相手するよぉ!」

ッリ ・ヮ⌒)ッ 「みるみるに勝ったら、相手したげるよぉ」

ッリ >ヮ<)ッ 「勝ったよぉ!」

ノリ >o<ル 「あうぅ~」

ッリ ・ヮ⌒)ッ 「よぉ~し、それっ!」

ノリ ーヮール 「筋力はお姉ちゃんとあんまり変わりませんけれど、チカラの使い方を熟知してますね。このままだと、100%負けですけれど?」
ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「(ちょっとズルっぽいけど……チカラが入る位置までヒジずらし)」

ッリ ☆ヮ☆)ッ 「甘いよぉ! これでトドメっ!」

ッリ ;ーヮー)ッ 「負けちゃったよぉ」

ッリ ・ヮ・)ッ 「せっかくだから、左手でもやらない?」

ッリ ・ヮ・)ッ 「いいのかなぁ。すずっち、実は左利きなんだよぉ」

ッリ川・ヮ・)ッ 「そうなの!?」

ッリ ;ーヮー)ッ 「でも、矯正したから左の方が弱いんだけどね」←結局負け

ッリ >ヮ<)ッv 「勝利のVっ☆」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「うきゅぅ……他にチャレンジャーを探してくるよぉ。8823さん、連想一発さんに勝てそうな、腕っ節の強いアンサーさん知らない?」

ミc;・_・)「すずっち……あれ、一発押しさんじゃなくて、ドンタコス☆さんだから」

ッリ川・ヮ・)ッ 「え……じゃあ、あのネームプレートは!?」

ミc;ーoー) 「一言で言うならば、見え見え詐称。一発押しさんの前は、名札に『よもぎ』って書いてたぜ」

ッリ ;ーヮー)ッ 「いやぁ……知らないって、こわいね」

(懇親会の終了直前に、後片付けが終わったsolinoさん到着→An筐体が8台になったセガアリーナに移動)

ッリ ・ヮ・)ッ 「今日は押せなかったけど、明日も予定があるから帰るよぉ」
ノリ ⌒ヮ⌒ル 「金沢にも、遊びにきてくださいね☆」

 ・
 ・
 ・
 ・

ッリ >ヮ<)ッ 「きょうは、いっぱい楽しかったよぉ。もう、お外も静かだね……」

ノリ ・ヮ⌒ル 「あ、すずっち~♪」

ッリ ・ヮ・)ッ 「ミルミルさん、こんなお外で何してるの?」

ノリ ・ヮ・ル 「ちょっと休憩中。実はね……あたしも、金沢にいたことあるんだよ。たった2年だけどね」

ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「知らなかったよぉ。偶然だけど、AnAn以外にも不思議な縁でつながってたんだね♪」

ノリ ;⌒ヮ⌒ル「ナジャさんが金沢にいたころの世代だから、しょうがないよね。SHIさんとかさとらさんとか、最近どんな感じ?」

ッリ ・ヮ⌒)ッ 「今日のイベントで元気出たんじゃないかな」

ノリ >ヮ<ル「これからもよろしくね♪ 今年のヤクルトは、きっとやっちゃうよ☆」

ッリ ;⌒ヮ⌒)ッ 「(あぁ、だから名前がミルミルさんなんだね……)」


ノリ ・ヮ⌒ル 「この後、帰ったホテルのエレベーターでエアーウルフさんと再開したりという超展開もあったのですけれど、日曜日のフローレさんラヴラヴデート編に続きます」
すずっち営業中??
ッリ ;・ヮ・)ッ 「ゆずっち、大変だよぉ! すずっちの写真が、いつのまにか某店舗で利用されてたんだって!?」

【某店舗の広報ポスター(フローレさん提供)】
広報すずっち2

【初代すずっち名刺】
初代すずっち名刺

ッリ ;・ヮ・)ッ 「ほら、Liveなのに解答台がAnAn2だったり、背景に入り込んでる部分が吹き出しで隠されてたり、右半分の謎の空白とか。どう見ても、これすずっちだよぉ!?」
ノリ ・ヮ・ル 「AnAn2時代の、早押し始めた直後のお姉ちゃんですね。当時は、まだカラーコンタクトを入れてなかったのです」
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「ピンクのセーラー服で、初々しいでしょ♪ まさに清純派☆」
ノリ ーヮール 「なんということでしょう。匠の手で、花も恥じらう清純派だった(?)はずが、今では謎のコスプレを平気でやったり、すぱっつを恥じらいのカケラもなく晒したり、他人様のおうちに忍びこんで靴下を狙ったりするヨゴレツインテに……」
ッリ川・ヮ・)ッ 「……すずっちは、いったいどこで間違えたんだろうね」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。