Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早起き撮影旅行
 …………といっても、自転車で20分の兼六園ですけどね(^_^;

 4月から8月の間は4:00~6:45の時間帯なら入場料が無料なので、前回携帯から吸い出せなかった写真をデジカメで撮り直してきました(300円をケチる意味はあまり無いですが、この時間は、朝の散歩をする地元民を除けば職員と庭師しかいないので、空いていて行動しやすいのです)

・蓬莱島
 園内で最も大きな池、霞ヶ池の中に位置する島。見た目は豪華ですが、弾の枝や不老不死のおくすりは確認されていません。
20070502044507.jpg 20070502044519.jpg


・菊桜
 全ての花が花弁ごと落ちる、珍しい桜。今は葉桜ですが、花はまだまだ多く残っていました。
20070502044831.jpg


・噴水
 藩政末期に作られた、日本最古の噴水…らしい。霞ヶ池を水源とし、池の水面との高低差による自然の水圧で、常時約3.5mの高さに吹き上がっています。
20070502045028.jpg


・内橋亭
 蓮池庭内にあった四亭の一つ。石脚で支えられていて、対岸からは、水面に美しく浮かんでいるように見えます。
20070502045302.jpg 20070502045317.jpg


・夕顔亭
 瓢池(ひさごいけ)の東岸にある茶亭で、蓮池庭にあった四亭の一つ。茶室内の壁にしつらえられた夕顔の透彫りから名付けられましたが、早朝なので、しっかりと戸締りされてました…(^_^;
20070502045532.jpg20070502045548.jpg


・瓢池(ひさごいけ)
 かつては蓮池庭(れんちてい)と呼ばれていた、瓢箪型の池(そのまんま)
20070502045947.jpg


・翠滝(みどりたき)
 霞ヶ池から流れ出て、瓢池に注ぎ込む大滝。高さ6.6m、幅1.6m。その荘厳さは他庭には見られない景観で、兼六園のなかでも最もすぐれた庭景の一つと言われていますが、荘厳さよりも先に「アロエたんのようなちったい子を連れ込んで水遊びしたい」と考えてしまう私は、どこか病んでいるみたいです(汗)
20070502050226.jpg 20070502050238.jpg





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。