Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風をつかんだ町
アマゾンにレビュー入れましたけど、こっちでも紹介。

風をつかんだ町―クリーンエネルギー・自然の財宝を掘りあてた岩手県葛巻町の奇跡

 再生可能エネルギーのみで、「電力自給率185%、エネルギー自給率80%」を達成した町の取り組みと協力者たちが集う経緯と現在、そして目指す未来を第三者の視点から記録した、エコロジー推進&地方行政の生きた教科書です。

 霞ヶ関において、葛巻町の事業計画は「一度も失敗や赤字、形骸化になったことがない、一流ブランド」としての評価が定着していますが、その成功の最大の理由は、町民、行政、議会が共有したコンセプトの元で真摯に取り組み、ないものをねだるのではなく、現在あるものを最大限に利用したところにあります。
 政治の担い手とその協力者が志を持って職分を全うすれば、これだけの仕事が出来る、という実例で、公務員・地方議員を志す者には、ぜひ一読して欲しい好著です。
 ただ、第四章でのエネルギー現況については抜け落ちている部分が多々あることから、☆は4つ。昨今の既存エネルギーにおける省力・高効率化技術には一切触れておらず、石油危機以降のOECDと連携した政府のエネルギー施策を無為と片付けているのは、議論の運び方がちょっと乱暴です。短所もある新エネルギーに肩入れしすぎている辺りはご愛嬌ですが、それなりに面白く読むことができました。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。