Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QMAKET2回想記
 昨日はQMA界の最大イベント、QMAKET2に出席して来ました♪
 打ち上げも含めて、非常に有意義な日程になりました。主催者様、サークル各位を含めて、お世話になった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 しかし、日ごろの不摂生で体力が低下していたのでしょうか。2連続での車中泊に、どうも体が付いてこれなかったようです。朝方に帰還してから、冷房病と雨に打たれておかしくなった身体を温めて仮眠を取ったのですが、全く集中力が出せなくなってます。睡眠障害のせいでスペックが「壊れた蒸気演算機」レベルにまで落ちているようですが、翌日の資格試験に備えて、大脳新皮質を叱咤しながら、視交叉上核(視床下部の一器官。全生体時計の周期を司る親時計[マスタークロック]に相当)のゼンマイを無理やり巻きなおして勉強です。

 試験の後、ガシェットトライアルに手を出してしまったので、この時期になってレポートです。
 夜行バスで早朝に東京入りし、浅草寺周辺を散策しながら朝食と時間潰し。10時前に会場入りしましたが、既に数百人もの入場者が列を作っていました・・・・2列も。

「○×問題。主催が浅草寺で引いたおみくじの番号は51~100番である。」

 この問題で正解したほうの列が先に会場入りするという運命の列。会場に近い×の方が人数が多めでしたが、完全に運ですので「分からないときには○」の法則に従って○入場列へ。オフラインクイズ大会の予選ペーパーテストを回答したり、購入したカタログのチェックをしている間に。入場列の正解発表の時間に。

 待望のイベントということもあり、会場は主催が何を言っても盛り上がるという異常なボルテージの世界に染まり、誰ともなしに始まった○コールと×コールがせめぎあう中で発表された正解は×。感情表現が豊かだったのか、はたまた視線から感じられたのか。主催が「そんな目で見るなよ~(^^;」と苦笑するほどの盛況な入場でした。

 よしはるさんと煉瓦さんにそれぞれ差し入れのアロエ缶を献上して、ねこたさんらのサークルにこっそり通った後は、気楽に回遊。LAND ARKさんのアロエたんグラスを最後の1個でゲットしたり(※地下鉄の駅ですっ転んだときは心臓割れたかと思いましたが、無事に帰還できました)、SHINさんが萌え転げそうな神絵本を入手できたりして、あとはゆったりと会場のすみっこで様子を見てました。

 本当はアフターイベントにも参加したかったのですが、時間の都合で今回参加するオフ会の参加者は15時に会場を去り、一路秋葉原へ(エクスプレスを降りた直後で一度はぐれたのは秘密です)。

 1次会は2人1組の8チームによる店内対戦大会。筐体の占拠状況から、1回戦は2チーム2COM戦、決勝戦は4チーム戦となりました。私は海空秀人さんとのペアになりましたが、大魔導師の海空さんの入力速度には及ばない(加えて、ボケのセンスも及びませんでした)ので、学問関連以外は半ばスタンドと化してました。1回戦を1問差で抜けて決勝戦に進むことができましたが、お見合いのタイムロスが響いたのか最終順位は3位。さすが、賢者様は強いです。

 2次会はヨドバシの裏手にあるパスタ専門店「たらこ屋」(日曜の夕方に15人が座れてしまう辺り、侮れません)で歓談。各参加者が改めて自己紹介をしましたが、「このキーワードでググれば1番上」とか「同盟の盟主様」とか「世界に顔写真が公開されたことがある」などなど、自己紹介のレベルが高い高い。会話の内容はQMAからアイマスやポプなどの他機種、さらには幹事をやって頂いたすりゅうしさんらが開発しているゲームの未公開キャラ情報にまで及び、お冷やをついで貰う頻度が並外れて多い(2時間半の間に4~5回は注いでもらった)ことから「あのお姉さんはコンマイの諜報員なのか!?」という冗談が飛び出したり、にわよしゆきさんが4枚のアミューズメントパスに全て工画堂ヒロインの名前を採用されていたりと、実に有意義な時間を過ごさせていただきました。

 最後はJR秋葉原駅で解散。学校から帰る前という事で、お約束のあいさつをして東京駅のバスに乗り込んだのでした。






コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。