Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠気が吹っ飛んだ
 勉強(資料本、日経、漫画)、株、アニゲ、散歩が生活の大半を占めていたのですが、仮眠後にメール箱を開けて見たら、4月に応募原稿を読んで頂いた『とある会社の元後輩』さんから、最高に刺激的なメールが届いていました。

 応募以来、何の音沙汰もなかったので放置していたのですけれど、7月期発売の電撃文庫に挟まっているという『電撃の缶詰』の中に第14回小説大賞の速報が載っていて、応募作品2943から選ばれた一次選考通過作品233の中に私の名前が入っていたということです!!

 もちろん、233の中から最終選考に残れるのはほんの数作品でしかありません。ここから先、どこまで残れるかも不明です。こんな踊り場で有頂天になっているようではいけないのですけれど、作品をちゃんと読んでくださっている方がいてくれるということ、そして、ちっちゃい字の中から手間をかけて名前を探し出して下さる方がいてくれるということに感激し、勇気づけられました。

 下調べの本が6~7冊残っている現状では、8月末に間に合わせるのは難しいのですが(←ややこしいテーマ選ぶから…)、これからも丁寧に筆を磨いて、次の作品では更に進化した姿を見せたいと思います o(^-^)o




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
おめでとうございます~!
おぉ、第一次突破おめでとうございます~!
こりゃあ祝杯をあげるしかないですね!

それにしても、いきなり10分の1以下にまで下がっているほどのレベルの高さとは…すずほお兄ちゃんの実力にただただ尊敬です(^-^)
本当、一次だけでも狭き門なんですね(^_^;)
2007/07/19(木) 23:42:14 | URL | byナオヤ (#hdpij16A) [ 編集]
 ナオヤさん、祝電ありがとうございます♪
 祝杯につきましては、入賞する日までお預けということで……(^_^;

>レベルの高さ
 4回も選考するのですから、連日徹夜で読んでいる編集部の方々も、省エネのためにざくざく落とさないと身体が持たないのです。
 それでも、短編長編あわせて233本を二次選考にかける労力を考えると……(汗)

 一次選考はまぁ、審査前の足切りみたいなものですよ。かつて、小説版AAで決戦前に落とされた彗星爆弾(本家では全キャラ1ダメージ)みたいなものだと思っていただければいいかも。
2007/07/20(金) 01:47:43 | URL | by結生紗灯 (#BhkiWIsU) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。