Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッキ考察(スターター対抗戦)
 9/30、16:00開催にコスモパークタテマチで開催される大会、タクティクスⅢを6日後に控え、デッキ構成と戦術に関する考察を少々。

 今回のレギュレーションは「主催が用意した『中身が分からない(?)スターターパックを各参加者がそれぞれ選択。その種類に応じて0~2枚のカードを追加して、そのデッキで最後まで戦う。決勝以外は1ラウンド制」というもの。

・赤黒スターター(カード追加不可)
 [沖田、服部忍、ジブリール、ウリエル、パニッシュメントⅡ]
 沖田とウリエルを使いこなせる金~虹ランカーでない限り、今大会では最悪の外れデッキ。
 白青にも劣る合計パワー7、スピード1の沖田とパワー1のジブリール、コストに比べてスペックの弱い服部とウリエル。空間支配力だけなら最強ですが、正直必勝パターンが思い描けません。
 戦術的にはとにかく沖田で粘って逃げ回り、服部とジブリールでウリエルを敵陣にねじ込む隙を作らなくては勝利はありませんが、白青も黄緑も基本籠りで来るに決まっています。
 籠られても、沖田で吹き飛ばして服部で敵MBを拉致しましょう。相手に必殺級のオルタを使われても、頑張って耐えましょう。ウリエル1体で相手を翻弄し、最後は挟んでトラップセンスです(←無理っぽい策ばかりですが、これが出来るくらいの実力差が無いと辛いということです)
 相手がテンパって戦術を間違えてくれる状況になるまで、不可思議かつ胡散臭い動きで幻惑させましょう。心理戦で優位に立てば、光明が見えてくる……かもしれません(汗)


・白青スターター(プラズマ以外のオルタ1枚を追加可能)
 [はるかさん、歩ちゃん、マーリン、ポーラ、体育祭]
 戦術の柔軟性と適応力が高く、中央付近を抑えてマーリン&ポーラで遠距離攻撃が出来ればほぼ必勝形。相手の籠りをピュア・フレグランスで崩してタイムトリップで逃げ切りが図れるので、使いやすさは一番。
 オルタに何を使うかが悩みどころですが、体育祭にこだわらないなら白では調理と星に願いを(「時田に願いを」デッキ)で逃げ切りを優先させるか、青の邪印で勝利を確定させるかの2択。ソドムでは2割弱しか敵MBを削れないので、決め手にはやや欠ける。
 理論上、はるかさんと当たる確率が1/3であることを考えると、デスルーンを入れるのなら仕掛ける前に体育祭で粘着するなり、手前で相殺スキルを発動しておくなど、一定の配慮が必要。


・黄緑スターター(キャラ、オルタを1枚ずつ追加可能)
 [ロュス、メルィ、マヤ、緑ルシ、リンドドレイク]
 おそらく、本命に最も近いデッキ。赤黒、白青ともに開幕で脅威となる速攻は出来ないので、2コス溜めてからロュスと緑ルシで籠り、スピード3&殴り負けの心配が無い弱体結界持ちのメルィと追加キャラをアタッカーにされると、かなり厳しい。
 追加キャラは、エナジーをバランスよく使える緑が基本で、相手を引き寄せられる上にステータスも5/2のアフロディーテが本命。緑エナジーに拘らないなら、3/4のハニエルや決戦兵器レイナで一気に勝負を付けに行く戦法も考えられる。
 アシュタルテーも強いと言えば強いが、支配する相手が弱いと確実性に欠ける。シヴァリアも白青相手に不利なので、1人しかない追加枠に入れるのは考えもの。
 オルタもミラブレ、次元斬、ライカン、エナドレと豊富。一番汎用性が高いエナドレの封入率が高くなりそうな予感。アフロディーテで片っ端から次元斬に引っ張り込む戦術もあるが、ピュア・フレグランスで消されるリスクはある。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
なかなか面白そうなルールに仕上がっていますね~♪

私がもし白青を使うとしたらミョルニールあたりを投入するかもw
あれなら相手白青の勝利パターンを崩せる上に直撃で敵MBの体力を半分減らせるので決め玉にもなるかな~と(扱いはかなり難しいですがバラまく気持ちで…(^_^;))

黄緑は確かにその二枚が鉄板ですよね!
でもマーメイドを入れるとハニエルが怖くなる…ジルで突進もアリ?
どちらにしても腕が問われるいいバランスだなぁo(^-^)o

当日は頑張ってくださいね!
よいデッキを引けることを願ってます~(^-^)ノ
2007/09/24(月) 11:36:23 | URL | byナオヤ (#hdpij16A) [ 編集]
 流行しそうな篭もりに対する牽制としてミョルニールを入れるのは、面白いかもしれませんね。こっちが篭もって殴りに来た相手を打ち落とすのにも使えますしw

 ハニエルは、ルシフェルの槍を自MBに通しておけば簡単に止められますので、決め手を与える前にトライデントを刺せばさほど脅威でもありません。ジルは足が遅いのが難点ですけれど、相手も悠長に篭もっている余裕は無くなるでしょうね(^^;

 ある意味、一番厄介なのは、オルタによる陣形崩壊かも……(汗)

2007/09/26(水) 00:30:37 | URL | by結生紗灯 (#BhkiWIsU) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。