Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネカ攻略日記 Part.2~オーギ様強すぎです
 暁のアマネカと蒼い巨神~パシアテ文明研究会興亡記のプレイ日記その2(中央公園遺跡攻略)。
 秘密結社から足抜けしたアマネカは新校舎から旧校舎へと移動。背景が新校舎とまったく同じように見えますが、天才の目には本質しか見えていないのでしょう。
 アマネカは高らかに祭りの開始=帝国ジュニアアカデミーの完全支配=秘密結社“暁との老人”との全面抗争を宣言――オーギさん、せっかく帝国特殊工作員から学生に転身したのに、タバコ吸いたくなる気持ちも分かります。

 第一の行動目標は、敵が目指す古代地下遺跡に先回りしてノート解読に必要なアイテムを横取りすること。という訳で、部員ゼロの幽霊サークル『パシアテ文明研究会』を部室ごと乗っ取って遺跡探検です。

 セーブしたくて移動場面で「しばらく休む」を選んだら、いきなり硬直して操作をうけつけなくなるアマネカ(おい)。画面左下済みの部室アイコンをクリックしたら出来ると判明したあとも、操作を受け付けないまま。ターンが1000以上進んで止まる兆しは無し。結局1217ターン目でグループアイコンの「Sleep」ボタンを押せば良いと判明しましたが、いきなり1190ターン無駄にしてしまいました。

 ファーストプレイでこの浪費は痛すぎるので、修正ファイルを適用した上で、オープニングからやりなおし――って、コウモリ1匹だけになってるんですけど。しかも、今度はちゃんとオープニング最後まで再生されてますし(^_^;

 活動にはタイムリミットが設けられたので、急いで探索。新しく移動可能なエリアの場所が分かったら、そこを「探索移動」でクリックすることでエリア登録されるシステムらしい。
 さっそく、街で聞いた情報を元に「帝国文化局」(秘宝の申請ができる、「秘宝の申請」コマンドで店にも入れる)を発見。ウィンドウには、なぜか「地下迷宮に入る」の選択肢が(^_^;

 それはさておき、情報収集は同じ場所でも数パターン手にはいるので、粘ってみる。
・旧校舎の南側川べりに「帝国文化局」があるらしい(ここには地下遺跡もある)
・帝国文化局南にある「ソールズベリ」という地区に何かあるらしい
・旧校舎の北にある「帝都中央公園」に地下遺跡への入り口があるらしい
・帝都中央公園でボランティアができるようになった♪
・帝都セントラルステーションの西にある「タウンゼン街」という地区に何かあるらしい。
・官庁街(アカデミー旧校舎の西にあるでかい建築物)の北東にある「グリン街」という地区に何かあるらしい(※ここでは買い物もできる)
・官庁街南東「アレリア街」という地区に何かあるらしい。
・官庁街の東にある「マークライト街」に何かあるらしい

 装備を調えて、いざ遺跡探索へ。帝国文化局はコウモリがいっぱい+強そうなボスがいたので、敵のいない所まで攻略して中央公園へ。
 中央公園はコウモリ3匹の部屋があったので、チュートリアルで覚えた方法で巡回している3匹を気付かれない距離を取って無傷で撃破。脆い肉体で生き抜くべく、いかに狡猾に立ち回るかという所は、かつてのD&D(赤箱)を彷彿とさせます。

 宝箱のある部屋は、コウモリ6匹+赤コウモリ1匹。必ずしも倒す必要が無いとはいえ、コイツらをどうやって料理するか……
 入り口の部屋が割と広くて使えそうなので、何匹かはここに閉じこめる方針で。
 気付かれた一匹を誘導しようとしたが、オーギの攻撃力が思ったより強く、それまでに撃破。残りも、じりじり近づいて遠距離攻撃するだけで片付いてしまった。

 そして、最後に赤コウモリを倒したところでオーギ様が決めセリフ
「こんなことやってるからバカになっちまうんだ!」

 はい、その通りです。

 かくして、邪魔者がいなくなってから宝箱を開け、レッドスピネル獲得。
 果たして、このまま敵も味方も特上の黄金時代を味あわせてやれるのか!?





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。