Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネカ攻略日記 Part.4~普通すぎるのもどうなのかと……
 暁のアマネカと蒼い巨神~パシアテ文明研究会興亡記のプレイ日記その4。

 変化の無いプレイの合間に、ちらほらと新キャラ登場。

 表だった遺跡を全て攻略したので旧校舎に戻り、例のパシ研、戦力増強プランを練り直し。狙いは、秘密組織の影響を受けていない帰宅部。無断で手を回していたオーギ様に、アマネカちょっとご機嫌ナナメですw

 で、頼まれていたリエちゃんが置いていった人材とは……フツーくん(本名は謎)。
 何も知らずに笑っている彼を見ていると、勧誘するのにものすごくココロが痛みます。

「(むむむ……悪くはないが、良くも無い……)」
「ぐっ……フラットっ……ノーマルっ」

 ここに来て、帝国ジュニアアカデミーの入学基準が意外にユルイ(試験に受かればいい)ことが判明しましたが。アマネカの罵声を受けながらも柳に風で笑って受け流すフツーくん。癒やし効果をオーギ様に評価されて、アマネカもしぶしぶながら承認。
 一度認めてしまった以上、アマネカは彼を仲間として認め、鍛える決意を固めたようです。晴れて、パシ研3人目の部員となりました。

 3人目が集まったことを受けて、定例会が開かれました……が、学歴と将来が大切なオーギ様と、和のココロを持ったフツーくんの前に、アマネカ空回り。

 これと言った探索対象がないので秘密組織がいるアレリアに行ってみると――いきなりやらかしてくれました。
 ピカチューみたいな迫力のない声で降伏を迫るのは……名乗る前に落石で死にかけるトラブルがあったものの、“遺跡は友達“パシアテ文明探検会(パシ検)のヒト。話には、パシ研は一年前に探検会との決闘に負けて以来、解散していたらしい。

 自称ネクストジェネレーションのアマネカが無効を主張すると、もう一度潰すまでと決闘を迫るエアナ。決闘方法を語る間もなく自分のトラップで崩落に巻き込まれていきましたが、アマネカはその名にどこか聞き覚えがあったようです。

 そして、いつの間にかレベルが上がっていたアレリア遺跡をクリア。
 グリン街で、リエちゃんが謎の生徒と話しているのを横目に、研究を継続。未解読のバルター・ノートからどうにか引っ張り出せたのは、バルターが“オルカレイコスの心臓”という遺物を探していたことだけ。

 次に挑むのは、手つかずのグレイチャペル街の遺跡。アマネカが3時間迷った末にゲートを見つけて行動開始。真ん中の部屋にごついゴーレム控えてますが、回廊で撒ければしめたものです……が、ゴーレムの足が速くて、結局回廊を回りきる前に力押しで潰す結果に。
 続いて、敵がツバつけてきたソールズベリ遺跡を攻略。

 鳶が油揚げをさらっていくような戦術の流れは、いつまで続くのか……




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。