Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネカ攻略日記 Part.6~食材探しの旅
 暁のアマネカと蒼い巨神~パシアテ文明研究会興亡記のプレイ日記その6。

 吹奏楽部&パシ研とアイテム獲得競争をすることになったパシ研。敵がどんどんスケールダウンしているような気がしますが、ダンジョンだけは難易度上がってます。
 数責めを卑怯だと地たんだ踏むアマネカに、喧嘩の道理を説くオーギ様。子供の部分が抜けてないアマネカにはこういう大人が必要です。
 数で対抗しようにも3人しかいないパシ研では万事休すと思いきや、ここでリエちゃん登場。一人じゃどうにもできないと踏んで、共闘を申し出てきました。もちろん断る理由は無く、リエちゃんが4人目のメンバーに。

 メンバーが増えたら定例ブリーフィングをやるのがお約束。そこで立てた策は、古典的ではあるものの強力な策――全力で各分隊を叩いていく各個撃破作戦でした。


 まずは、吹奏楽部がうろついているラリア街と、パシ険がいるらしいボルクソン街に殴り込み……したはいいものの、地下遺跡の場所は発見できず。アマネカが吹奏楽部から聞きだす策を立案しましたが、オーギ様が却下。次の策を編み出すべく、リエに昔からの精神集中法の協力を頼むアマネカ。その内容は……ダメすぎでしょう、人としても、一般ゲーとしても(まぁ、これ系のネタは既に10年来の伝統芸能ですが(^_^;

 とろける声で「もみもみ、もみもみ、もみもみ♪」を連発するアマネカ。かくして、一人の犠牲のもとに打開策が編み出されました。
 新たに求める情報源はブラックマーケットで流通している闇情報。1000ベルグ払って入り口の情報を入手。

 ラリア街。先頭にアマネカを置いて、バックスにオーギ様、中央に射程の大きいリエを配置(ゴーレム8体なんて、どう見ても吹奏楽部には無理なんですけど)。5箱ある宝箱の3つ目、奥中央の宝箱を開けてしまったらそこで終了、2つ取り損ねた……orz

 オーギ様についての大いなる誤解を残しながら、吹奏楽部の中でひとり逃げ遅れたゆりしーことメイル(リコーダー、11歳、アロエたんと同年齢)を捕獲。部室に連れ込まれてアマネカにテイスティングされます(既に犯罪の領域)。
 部室で尋問するも、1年のメイルは何も知りません。ケーキ屋で口止め兼オーギ様の誤解を解いてもらいますが、ここではまだ、ゆりしー仲間になってくれませんでした;;

 続いて、ボルクソン街に突撃。見えない場所にツボを沢山置いてます。
 パシ険の人達との戦闘になりましたが、ぶっちゃけゴーレム8体の方が強かったです。
 知能と髪型がどことなくみさきちを彷彿とさせるエアナは負けを認めましたが、アマネカの関心はパシケンの称号ではなくてエアナそのもの。バルターはエアナのひいひいお爺ちゃんで、バルター・ノートはもともと彼女の所持品だったというのです。
 “オルカレイコスの心臓”について口を閉ざすエアナを連行(というか誘拐)して、テイスティング尋問。結局、アマネカの鋭敏感覚(味覚?)に浸食されたあげく、傷心の旅に出てしまいましたが……





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。