Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネカ攻略日記 Part.11~ひたすら力押し
 暁のアマネカと蒼い巨神~パシアテ文明研究会興亡記のプレイ日記その11。

 対政府組織戦前半、ウオール街攻略まで。
 機動兵が何体いようと関係なし、獣肉の20本もあれば余裕で倒せます。

 第二章で敵に回ったCTU(帝都中央情報治安管理局)長官の目的ですが――ブラーンが探ったところ、建前は「遺跡の保護」ですが実は権限拡張したいだけという、典型的なダメ役人のようです。
 万博の目玉にバルター・ノートを持っていきたいアマネカとブラーンの利害が一致した現在、政府機関は相手にとって不足無し、喧嘩上等です。

 CTU本部地下のプラントに総力を結集して、2チームでの探索作戦を開始――と思いきや、さすがに警備システムが固くて追い払われる。3度どうにもならない状況になりましたが、中国古典小説みたくお助けキャラが登場するのがお約束らしく、今回はメイルとエアナが入部を希望。既に「命賭けられます」が入部条件になっているのに、神が味方しているというレベルを超えてます(^_^;

 しかも、エアナがCTUの弱点となるEプラントの所在を見つけているという超展開。その名も、モロヘンジョダロ遺跡と帝都ランドマークタワーって、打ってて泣けてきそうなネーミングです。

 ボランティアで汗を流すリエちゃんに代わり、アマネカは一足先にランドマークタワーを攻略に行くも、途中で荷物を持ちきれなくなって撤退。

 定例会の次なる議題は、財源確保。校舎の裏で野菜を育てて収入を得ようと提案するメイル。このまま幸せ牧場シミュレーションに突き進みかねないところでしたが、アマネカの出した代案は無難なアルバイト。

 アマネカは足が遅いので、相手が手を付けようとしているモロヘン(以下略)は足の速いリエちゃんのチームに任せて、アマネカはランドマークを完全攻略。「デカ頭のダルマみたいな機動兵の残骸」をお持ち帰り。
 アマネカの記憶によれば、マークライト街、ソールズベリ街あたりの地下プラントに、修理パーツ(に転用できそうな機動兵)があるとか。

 一方、リエちゃんは相手よりも何とか早く滑り込むことに成功。さくっと攻略しましたが、アマネカが今度は「スマートな機動兵の残骸」を発見。こいつの修理パーツ(に転用できそうな機動兵)は、タウンゼン街とアレリア街あたりにあるらしい。

 そして、集中管理していたプラントを落とされたCTUは探索部隊を撤退。
 余裕が出来たので、部品を集めて壊れた機動兵を修理。水陸両用型ゴーレム“ミズモ”と、空中機動型ゴーレム“ソードフィッシュ”が新たな仲間に加えました。
 これで、CTUのお膝元たるオウール街に乗り込む準備は万端。ソードフィッシュは打たれ弱い印象がありますが、早いので回収には便利。3体のゴーレムをどう使い分けるか、頭を使いそうです。

 パシ研まめ知識:フツーくんは無償でアマネカのパシリをしているが、メイルはオーギからお駄賃を貰っている。お駄賃に愛を感じる、メイルの姿がいじらしいですw

 その折に、メイルからアカデミーの生徒会役員に空席が出ていることが知らされるアマネカ。会長職しか興味のないアマネカは立候補を断りましたが、やがては種火になるかも。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。