Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネカ攻略日記 Part.13~フツーの逆襲
 暁のアマネカと蒼い巨神~パシアテ文明研究会興亡記のプレイ日記その13。

 第二章ラストダンジョンから、第三章の導入部分まで。
 メイル、エアナの新参コンビが新天地で次第に輝いてきています♪
 リエちゃんを生徒会に無事送りこんだパシ研一同。次にまず為すべきことは、新校舎を乗っ取っている愚民を排除すること。選挙直後の実力行使は論外ということで、打つ手が無くなりそうになると女生徒を襲うのがアマネカの性癖(今回の犠牲者は、運悪くこのタイミングで着替え中だったメイル、しかも、これまでで一番酷いシーンでしたw)。

 そして、これで本当にアイデアが考えついてしまうのだからタチが悪い(^_^;
「パシ研最軽量のメイルを空中機動ゴーレム“ソードフィッシュ”に乗せ、偵察飛行によって秘密の出入り口を見つける」という作戦は的中。新校舎が攻略可能になったのはもちろん、メイルにも良い思い出が出来たようです。

 遺跡には動員可能な戦力をフル起用。具体的には、レンザン、ミズモの激重コンビを並べて全てを蹂躙。ようやく学園がきれいになったので、これからは心おきなく部活動ができるというものです♪


(ここから第三章)
 学長からの呼び出しをすっぽかすアマネカ、のっけから絶好調です。
 要件は、万博パビリオンの常設展示スペースを取って置きながら、何を出すのか未だに明示していないということ(汗)

 そんなことより、今のアマネカの頭を汚しているのは反帝国テロリストの破壊活動でした。メイルの演奏で表面的に浄化されているところでリエちゃんが帰還して、本題の活動計画に。
 常設展示に相応しいものとなると、目標は帝都の何処かにあるらしい幻のアイテム“オルカレイコスの心臓”(でないと、客や校長以前にアマネカが納得しない)。しかし、その謎に迫るにはバルター・ノート(現物は焼失したものの、アマネカ脳に残っている)の未解読部分を本気で読みにかからなければならない。
 本来の持ち主であるエアナから話を聞いてみると、オルカレイコスの心臓はいろいろな効果を持っており、伝承では不老不死の効果もあるらしい(その他の効果は不明)。

 バルターの末裔らしく、地道な努力で線文字E解読のヒントをつかみかけていたエアナ。彼女に足がかりを提供するべく、帝立図書館がある官庁街へ☆

※あの、なんでフツーくんが第三のリーダーキャラなんでしょうか(^_^;




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。