Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度はもっと頑張るよ
(10月8日早朝、アロエたん株式投資チーム情報会議室)

すずな「みんな~、大事件だよぉ!」
マリー「むにゃ……イチゴパフェの季節はまだまだ先だよぅ……」
ミルス「寝ながら返事する子は放っておくとして……また悪いことでも書いてあったの?」
アロエ「(朝刊の一面を見て)ひゃっ! NY相場の暴落に押されて、日経平均が980円も下がってるよぉ!」
マリー「ええ~!? 大暴落なのっ!!」
ミルス「14時間も遅れて気づいたの? 情報収集は欠かさずやらなくちゃダメじゃない」
ちよちゃん「ミルスちゃんとすずなちゃんだって、その時は温泉旅行を堪能してたんだよね」
すずな「うぅ~……だ、だって、9月から下がるニュースには抗体というか、慣れみたいなものができちゃってて……」
MARS「みんな、慣れすぎて心に隙があった」
アロエ「先週、えらい人は暴落の可能性が低いっていってたけど……」
ミルス「日経平均が8000円台とか7000円台まで下ちる可能性は低いっていってた、アレのこと?」
MARS「これこそが現実。結果と予想をとり違えちゃダメ」
マリー「これ、まだまだ落ちるんじゃない?」
ちよちゃん「確かに、底が割れに割れて、抵抗線がバブル期底値ラインにまで下がっちゃいましたね」
ミルス「2割割って逃げ遅れた以上、1年くらいは耐えに耐えるって戦略で来たけれど……これはちょっと、ね……」
マリー「放っておいていいの?」
アロエ「でも、これを売ったら、すずほお兄ちゃんから任せてもらったお金が半分になっちゃうよ」
MARS「売らなくても底が見えない。どこまで下がるか分からないし、いつ戻るかさえわからない」
すずな「……最悪だけど、これはオリるしかないよね」
ミルス「歴史的暴落の前では、価値判断なんて意味ないかぁ。14ヶ月のあいだ、お疲れ様」
ちよちゃん「私も、それがいいと思いますぅ。持ち直しかけていた8月までの動きとは、全然質が違うから」
アロエ「もう、指し値なんて悠長なことはやらないよ。朝一番に成行で裁定。手じまいってことで、全部清算するね」
マリー「いや~ん、痛いよ~! 142万3000円で買った株が、66万1850円になっちゃった~」
すずな「もう、終わったことを嘆いたってしょうがないよ。現金も出来たことだし、中古屋さんにあった未使用のDSでも買って気晴らししよっ♪」
マリー「わはは~い! 頑張ったもん、ごほうび、ごほうび~♪」
ミルス「でも、ソフトはどうするの?」
MARS「これだけ……(お兄ちゃんの部屋にあった「もえたんDS」を提示)」



(一連の反省点)
・ニュースは欠かさずチェック。激動の前にはいったん手じまいして様子を見る
 基本中の基本。参院選直前に締めておかなかったのは、あまりに初歩的なミス。

・期待と予想を取り違えないこと
 これまでの動きがよかったからと言って、「きっとすぐに戻るよ」は禁句。去年までの上げは住宅バブルに依存していたのだから、数年前の動きまで遡って勉強していれば、発生前まで下げることは容易に予測できたはず。

・1社だけの予測に頼り、強気判断を引きずり続けてしまったこと。
 取引があったからといって、過信は考えもの。パイロットは飛行機と心中しますが、医師は患者を診察するだけだし、天気予報士も予報の責任はとらない。

・指値売りで欲をかいて、5~10円差で売る機会を3度も逃している(947円で売る前に、1300円で売る機会もあった)
 ちゃんと指し値することも大切ですが、目先の利益に捕らわれすぎないこと。売ることを優先するべき局面なら、成行に近い水準で売り捨てる覚悟も必要。

・「2割減→無条件で売り」は鉄則。逃げ遅れたからといって意地になって待つのは得策ではない。
 こんかいの最大の勉強。1年後には戻るという予測がずるずると延長される展開までは想定していませんでした。


 さて、今回の騒ぎで株式投資はやめようという方も多かろうとは思いますが、80万円の授業料からは、実に多くのことを学ぶことができました。

 これからは公的資金注入の時期を探りながら、とりあえず来週の米統計が出そろうのを待ちますが……今から安値圏の銘柄を物色して、少しずつ時期を分散して買っていく方針でいきます。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。