Lunatical life in broad daylight
へにょ~~~…… リ ツ 。ヮ ツ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DX指令~AnAnフォントの謎を追え(その2)
ッリ ⌒ヮ⌒)ッ 「DXになってから、店舗内ランキングが出るようになったよぉ♪」
ノリ ーヮール 「店舗がR1金沢だから喜んでいられますけれど、GTの河原町あたりに行ったら、かなり凹まされると思いますよ……」
091128-02.jpg

ッリ ;・ヮ・)ッ 「まぁ、それはさておいて……これがDXのタイトル画面なんだけど、ゆずっちはこの画面で面白いポイントがあることに気付いたかな?」
ノリ >ヮ<ル 「DXのロゴの☆がかわいいですっ!」
091128-03.jpg

ッリ ・ヮ⌒)ッ 「実はこの画面、下の方をおっきくしてみるとね……」
091128-04.jpg

ノリ >o<ル 「いろいろ議論になってますけれど、このゲームにはDynafontが使われているっていうことなんですか!?」
ッリ ーヮー)ッ 「そういうフォントがあったんだ……と、思っていた時期がすずっちにもあったよぉ。でも、実際はDynacomwareさんの販売している一連のフォントパッケージの総称だったみたい。漢字フォントはだいぶ安くて1万5千円もあれば揃えられそうだけど、残念ながら、AnAnでかなフォントに使われているタイプラボN(太さ的にはR~Mくらい)のバラ売りはやってなかったよぉ……」
ノリ ・ヮ・ル 「タイプラボはモリサワのオフィシャルショップなら4万6千円もしますけれど、格安ショップで購入したら3万円まで費用を削減できますね。自由にAnAn書体を使いこなすには、4万5千円程度の費用があればいいみたいです」





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。